名フィルの始まりは続いている。

ややタイミングを逸したネタですが、名フィルの09-10シーズン定期プログラムがようやく発表されましたね。「四季」シリーズだそうで。
去年と同じように公式から転載しちゃっていいでしょうか事務局サマ。。宣伝ですので大目に見てくださいましね。(赤字に個人的興味。)

+ + +

第357回<四季/ハイドン没後200年記念>(4/24-25、鈴木秀美
・ハイドン:オラトリオ《四季》 Hob.xxI-3

第358回<春のロンド>(5/22-23、イラン・ヴォルコフ
・グラズノフ:交響的絵画《春》 op.34
・シベリウス:Vn協奏曲ニ短調 op.47→ライナー・ホーネック
・ドビュッシー:管弦楽のための《映像》

第359回<春の祭典>(6/12-13、ティエリー・フィッシャー)
・マルタン:交響的練習曲《四大元素》
・モーツァルト:Pf協奏曲第9番変ホ長調 K271 《ジュノーム》→北村朋幹
・ストラヴィンスキー:バレエ《春の祭典》

第360回<真夏の夜の夢/メンデルスゾーン生誕200年記念>(7/10-11、鈴木雅明
・メンデルスゾーン:序曲《ヘブリーデン》 op.26
・同:交響曲第4番イ長調 op.90 《イタリア》
・同:劇音楽《真夏の夜の夢》 op.21,61 全曲


第361回<夏風の中で>(9/4-5、ティエリー・フィッシャー)
・ウェーベルン:《夏風の中で》
・ベルク:Vn協奏曲→オーギュスタン・デュメイ
・ストラヴィンスキー:バレエ《火の鳥》

第362回<ア・ストリング・アラウンド・オータム>(10/16-17、尾高忠明)
・リャードフ:交響詩《魔法にかけられた湖》 op.62
・武満:《ア・ストリング・アラウンド・オータム》→今井信子
・エルガー:交響曲第2番変ホ長調 op.63


第363回<11月の森>(11/13-14、広上淳一)
・バックス:交響詩《11月の森》
・ブルッフ:Vn協奏曲第1番ト短調 op.26→ボリス・ベルキン
・グリーグ:劇音楽《ペール・ギュント》第1組曲 op.46、第2組曲 op.55

第364回<燃える炭火に照らされた夕べ>(12/11-12、ティエリー・フィッシャー)
・ボルン:《カルメン幻想曲》 →エマニュエル・パユ
・ドビュッシー/カプレ:《子供の領分》~〈雪は踊っている〉
・ジャレル:Fl協奏曲《…静寂の時…》[日本初演]→エマニュエル・パユ
・ドビュッシー/ホリガー:アルドゥル・ノワール(黒い熱)[日本初演]
・ストラヴィンスキー:バレエ《ペトルーシュカ》(1911年版)


第365回<冬の日の幻想>(1/22-23、ダグラス・ボイド)
・武満:《ウィンター》
・R. シュトラウス:4つの最後の歌→平松英子
・チャイコフスキー:交響曲第1番ト短調 op.13 《冬の日の幻想》

第366回<早春>(2/26-27、ハインツ・ホリガー
・ラヴェル:《スペイン狂詩曲》
・ホリガー:クリスティアン・モルゲンシュテルンの詩による6つの歌[日本初演]→秦茂子
・ルトスワフスキ:ObとHpのための二重協奏曲→ハインツ&ウルズラ・ホリガー
・シューマン:交響曲第1番変ロ長調 op.38 《春》


第367回<春初めてのカッコウを聞いて>(3/12-13、クラウス・ペーター・フロール)
・ディーリアス:《春初めてのカッコウを聞いて》
・ヴォーン・ウィリアムズ:《ひばりは昇る》→滝千春
・R. シュトラウス:《アルプス交響曲》 op.64

+ + +

去年「ツァラトゥストラ」シリーズをぶつけられたときのような衝撃はありません。
でも、じわじわくる。

・鈴木兄弟が定期演奏会に客演するモダンオケは、世界広しと言えど名フィルだけ!
・話題のヴォルコフがちゃんと呼ばれるのはフィッシャー人脈のおかげ?
・ヨーロッパ室内管の同僚、元Ob吹きのダグラス・ボイドもフィッシャー人脈なんだろうね。「ユビュ王の食卓」さんのエントリによるとなかなか期待できそうです。やっぱりアーノンクール路線なんだろうか。
・第362回の尾高センセ、第366回のホリガー客演は、いずれも彼らの名刺曲というか、ぜひ彼らの指揮で聴いてみたい作品が並んでますね。今から脳汁出そう。

・フィッシャー関連ではまずストラヴィンスキー・シリーズが楽しみ。ここ数年で別の指揮者が取り上げた《春の祭典》と《ペトルーシュカ》をあえて上塗りする意気。ここを始点にミューズもオルフェウスもアゴンもやってくれますね?
・デュメイのベルクは湿度高そう。日本の夏。
・第364回は親方頑張りすぎでしょ!(パユ!)万難排して向かうべし!

いやはやハイセンスなプロデュース。まったくもって死角がない。
確かにベートーヴェン、ブラームス、ブルックナー、マーラーなんかはないんだけど、彼らの人気に頼らなくてもこんなに上質なプログラムが組めるんだよなあ。
by Sonnenfleck | 2008-11-08 07:10 | 演奏会聴き語り
<< on the air:ブリュッ... 続・人吉のみち、とホロヴィッツ >>