【アニメ】のだめカンタービレ 巴里編 第4話

c0060659_6242412.jpg【2008年11月6日(木) 東海テレビ(だったはず)】

パリ編第4話は、原作のLesson65(ホタルのだめ再び)Lesson66(オクレール先生リベンジ+《マ・メール・ロワ》&シベ2)Lesson67(オルセー、手をつなぐ)。どうやらムッシュ長田は出さないらしい。

編集次第
前回・前々回とあまりにも展開を急ぎすぎて、大事にしてほしいエピソードが切り貼りされていくのを無念な思いで見ているしかありませんでしたが、今回は原作3話分詰め込んだにしてはまずまずの出来でした。
ホタルのだめを改善しようと「的外れ」なことをしてしまう千秋、拒絶するのだめ、そこから《マ・メール・ロワ》の〈眠れる森の美女のパヴァーヌ〉と〈美女と野獣の対話〉を使った2人の回復。オクレール先生が弾く《もじゃもじゃ組曲》、のだめが弾くシューベルトのイ短調ソナタ冒頭。ここまでの一連の流れ(と行間)がしっかり映像になっていたのは評価に値します。
映像のカットは、原作のコマ割りをそのまま使った安心バージョン。
…まあ結局われわれクラ好きは、クラが流れてきたら単純に嬉しいのです。マヌケだな(笑)

前回テキトーに流されたユンロンやリュカの造形にも、いちおう気を遣っているようです。
リュカは動いているとかわいらしいなあ。声優さんがいい仕事をしているのかもしれん。

今週のクラヲタポイント
《遠い呼び声の彼方へ!》はカット。史上初の「アニメで武満」は実現しなかった。
・Ruiのジャケットがちゃんと「今風ドイチュ・グラモフォン」デザインになってるのがいい。
c0060659_6244453.jpg

・デプリーストきたー。けどもう都響にはいない。
c0060659_625347.jpg

by Sonnenfleck | 2008-11-10 06:26 | on the air
<< 下野/名フィル+名古屋市民コー... on the air:ブリュッ... >>