終日モンポウ作業。

c0060659_6241712.jpg【DECCA/POCL5267】
<モンポウ>
●《内なる印象》
●《前奏曲》(ラローチャに捧ぐ)
●《密やかな音楽》第4集
●《歌と踊り》
⇒アリシア・デ・ラローチャ(Pf)

何がヤバイかというとCDがヤバイのです。
下見に来た引越屋のおじさんの顔色が変わる。
「これ全部クラシック?そんな人珍しいよねえ!ねえ?」と同意を求められる形で言われて悲しい気持ちになったんですが、バイロイト33枚BOXを見つめて「お、こりゃワーグナーかね」とか言ってたので、おじさんも案外興味があるのかもしれません。

で、モンポウを聴きながら、地道にモン包作業(マルC/phoebeさん)。
作曲家の自作自演は靄靄とした静けさが特徴的で、いま耳にしているのが音楽の流れなのか時間の筋なのかわからないような面白みがありましたが、アリシアおばさんのピアノはもうちょっと華やかで輪郭がすっきりしているかな。もちろん、どちらが優れているかなんていう議論は、こんな音楽の前では無粋というもの。
by Sonnenfleck | 2008-12-01 06:25 | パンケーキ(20)
<< on the air:『オーケ... 23包の特効薬 >>