救いのオセルタミビル

c0060659_737546.jpg

福岡でインフルエンザを発症。。

アヴローラのエントリをした直後から恐ろしい発熱と倦怠感に襲われまして、それでも午前中は無理やり仕事を続けていましたが、昼食を摂ることもできないくらいの悪寒。さらに手足や顔面におかしな痺れが出てきたためにこりゃもうダメだなと思って、病院へ行くと見事A型インフルエンザに陽性反応アリでした。
「今すぐ飲みなさい」と言われて処方されたタミフルことオセルタミビル、これのせいで異常行動に走っても誰も止めてくれないよなあ世知辛いなあと思いつつ、見も知らぬ出先ですがる藁はこの薬くらいですから、一気に飲み下します。ごく。

予定を切り上げて早い時間帯の便に変更し、2時間の空の旅、これが一番きつかった。生まれて初めて飛行機で膝掛けを貸してもらったんだけど、そんなものはまったく役に立たず。はたから見たらさぞ病人らしく見えたことでしょう。隣の席のおじさんが明らかに嫌がってましたからね。
しかし電車を乗り継いで新居へ帰宅するころには、熱はだいぶ下がってしまいました。これを書いている時間帯ももはや熱っぽさを感じません。タミフル薬効すさまじ。お医者さまの「感染力が強いから、五日間は人と会ってはならぬ」とのお達しを守り、週末の予定などすべて諦めて大人しく寝ていようと思います。あーあ外はいい天気だなあ。。
by Sonnenfleck | 2008-12-19 07:39 | 日記
<< 幻聴交響曲 アヴローラ、そして人類の夜明け >>