ハイティンク/シカゴ交響楽団@横浜みなとみらいホール

c0060659_6233424.jpg

みなとみらいホールはこれまで何となく贔屓にしていて、たくさんの思い出があります。新しい住み処からはアクセスが悪くなってしまいましたが。。
今日の演奏会はそのみなとみらいホールの主催。「特別協賛」でスポンサーはついてたけど、FジテレビやD和証券の時のように客層の悪化はなく、それどころか「まさしくそれを聴くために」集まってきたと思われる聴衆が多くて実によかった。予鈴(MMホールだと予ドラか)が鳴ってからの奇怪な静寂は、チケットの値段以上のものを多くの聴衆が望んでいたから、と書いたら今回は穿ちすぎかもしれませんね。

【2009年1月31日(土)18:00~ 横浜みなとみらいホール】
●モーツァルト:交響曲第41番ハ長調 K551 《ジュピター》
●R. シュトラウス:交響詩《英雄の生涯》 op.40
⇒ベルナルト・ハイティンク/シカゴ交響楽団


普段は偉そうに垂れ流しておりますが、世界に冠たるオケを聴取する体験には乏しいワタクシめ、シカゴの生はこれが初めてです。チューニング音からして独特の光沢があるのがこういうクラスのオケの特徴なのだよね。。颯爽と登場したハイティンクはかなり元気そうだ。

《ジュピター》。紛うことなき無化調のモーツァルト。またこの言い方をするのを許してもらえるなら、「20世紀が時間をかけて蓄えたある種の微妙なセンス」を温存している指揮者とオーケストラによって、まるで今世紀に対するデモ行進が為されたようでした。
もちろん編成を刈り込んでいるとは言え、厚盛りのヴィブラートを含んだ豊満な歌い口によってリズムの角はどんどんあやふやになります。ラジオやディスクで聴くとそんなに感じなかったけど、あの後ろにもたれ掛かったリズムでモーツァルトが流れていくのを聴いていて違和感を覚えることしきり。
あの贅沢な響きで、彼らは何を表現したのか?このモヤモヤは「ネタにマジレス」なのか?
確かに第2楽章の展開部や第4楽章のフガートで、この容れ物においては明らかにオーバースペックな、ブルックナーのような美しさが顕現していたけれど、こういうのをメインにして楽しむ視座には僕は到達できていない。この先到達するかどうかもわからない。

一方で後半の《英雄の生涯》は、超一流のオケでシュトラウスを聴く喜びを十二分に満足させる、懐疑の入り込む余地の見当たらない演奏。モーツァルトの様式感とシュトラウスの様式感と、比べてどちらがシカゴ響に近しいかといったら、それは自明ですわな。僕はP席に近いLAブロック、ティンパニの後ろというかホルン隊の朝顔が向く先に座っていたのだけど、ステージから1階客席の窪みに、金色の液体が波々と湛えられているような視覚的な印象すら受けました。
冒頭のホルンと低弦の強奏や〈英雄の戦場〉のクライマックスは、天井が落ちそうな大音響を至近で聴いていたにもかかわらずテクスチュアの見通しがクリアで大変驚きましたし(ヒョーロンカ先生方がシカゴ響のために好んで使う表現に誇張はない)、〈英雄の敵〉で聴かれた恐るべき木管軍団の実力、〈英雄の伴侶〉におけるロバート・チェンの鮮烈なソロ、こうしたところの贅沢な気持ち。。
ではハイティンクは何をしていたのでしょう?
〈英雄の業績〉〈英雄の引退〉、この痺れるような幸福感と匂いやかな音響が聴けたのはハイティンクのおかげじゃないかと思う。最初のモーツァルトからこの最終局面に至るまで、ハイティンクは延々とテクスチュアの整理に徹してオケの好きなようにやらせていただけのような気がするし、オケもプライドをくすぐられてバルブを全開にしていたみたいなんですね。ところがいざ最後の場面、ハイティンクの棒の動きが急にエモーショナルになってオケを強く統率し始めるやいなや、一気に夕映えのような響きに変異してしまった。魔法のような位相切り替え…御侠なヤンキーオケからあのような音を引き出す技が見られたのは幸運だ。

さすがのフラブラ隊もこれには息を呑んでいたようで、ハイティンクが腕を下ろしてやっと、自然なため息と拍手が湧き上がってゆきました。ブラヴォ。アンコールがなくてむしろよかった。
by Sonnenfleck | 2009-02-02 06:40 | 演奏会聴き語り
<< テレマンのカタログ クインテットとほんもの。 >>