[カルミナ・ウィークエンド]第3日:The Communicators

c0060659_1202657.jpg【2009年6月12日(金) 19:00~ 第一生命ホール】
<第3日 The Communicators―世界をつなぐ者>
●メンデルスゾーン:弦楽五重奏曲第2番変ロ長調 op.87
→川本嘉子(Va)
●ブラームス:Pf五重奏曲へ短調 op.34
→田部京子(Pf)
 ○シューマン:Pf五重奏曲変ホ長調 op.34 ~第3楽章

⇒カルミナ四重奏団
   マティーアス・エンデルレ(1stVn)、スザンヌ・フランク(2ndVn)
   ウェンディ・チャンプニー(Va)、シュテファン・ゲルナー(Vc)


スカラ座に60,000円、VPOに30,000円、ポリーニに20,000円払う人々も、カルミナの3,500円に気がつかない。現役最高峰のカルテットの来日に気がつかない。もったいないと言うよりほかない。気がついた人々は、この週末の夜を熱狂的に過ごすことになった。

第1日の「名曲」プログラムを聴いた友人は「巧すぎて胃が痛くなった」というコメントを寄せてくれたのですが、僕が聴いた第3日と第4日も、そうなるだけのエネルギー放射が十分にあったと言えます。
この数年間、老境を迎えたアルバン・ベルクの引退に臨んだ一方、今となっては正直凸凹が酷かった記憶しか残っていないハーゲン、あるいはパイゾクスといったクールな若手たちのライヴにも接することができましたが、完全な球体として瑕疵ひとつないカルテットをカルミナに発見することができたのは望外の喜びであります。僕は彼らを生で聴いたことがなかったし、巨大匿名掲示板でも「カルミナは録音に助けられている」という意見をよく見かけたんだけど、少なくともそれは一刻も早く生を聴くべきであるとアドバイスしたいところだ。

互いが互いのためにアンサンブルをやると、究極的にはあのようになると思うのであります。どこかが欠損したら何かがすかさず穴を埋めに動くし、誰かが突出すればすぐに他のメンバーもそのレベルまで自分を高めるし、要は絶対に球面が崩れない。うにょうにょとした不定形で、しかも美しい何か、であります。
彼らは球体のままフェーズを変えることでデュナーミクを表現したり、エアを増やしてスカスカにしたり、逆にステージの床面から土中に沈み込むくらいグッと比重を重くしたり、なんでもやってのけてしまうのだ。もとよりCDを聴いて似たような印象は感じていたとはいえ、ライヴでそれ以上の球体を見せつけられるとは思っていなかったものだから、当夜は椅子の上であんぐりと口を開けてしまったのだった。

+ + +

ただ、第3日・第4日と続けて聴いてしまうと、どうしても第3日の方は分が悪い。
4人の球体にゲストを迎えることによって、閉じた世界には楔が打ち込まれてしまう。吉と出るか凶と出るかといったら、第3日については特に前半のメンデルスゾーンで、凶と出ていたように僕は感じてしまいました。"The Communicator"としてのゲストは、確かに閉じた世界と聴衆の世界の間に立ってはいたけれども、どちらの世界にも属しきれずにいたのではなかったか。曖昧な言い方しかできないんだけど。

プログラム冊子で、1stVnのエンデルレが次のように語っています。
「加わるのがヴィオラであれピアノであれ、私たちはそのパートを欠いた弦楽四重奏で全曲の練習をし、コンセンサスを作っておきます。5つの異なる方向から議論が為されるよりも、弦楽四重奏と独奏者のふたつの方向の方が練習が進みますからね。とはいえヴィオラ奏者の場合はチームのメンバーみたいなものですけど、ピアニストの場合には殆どソリスト。相手が加わった段階で変化することはありますよ。」
…ここだよなあ。きっと。
こういう練習スタイルを採っているのであれば、なおさら気心知れた、近しい間柄のソリストでないと5方向からの完全世界を形成するのは難しかろうと思うのです。川本さんも田部さんもともにカルミナQとは共演経験があるし、彼女たちが非常に素晴らしい音楽家であるということは体験的にわかっているのだけど、閉じた世界に入り込むことに関してはできていない局面のほうが多かったように感じました。
個人的には、ちょっとメタメタしつつも勢いのあったブラームスの方が楽しめたんですが、会場で偶然会った友人はブラームスにおける齟齬を指摘する。確かにメンデルスゾーンに比べると、メンバーが滑ったりピアノが脱落したりする場面が目立ったものなあ。メンバーたちはほぼ完璧な球体を維持してるんですが、球体の隣にもう一つ物体が浮んでいるような(Q体?)そんな雰囲気もありつつ、第4日へ続く。

あ、でもアンコールのシューマンはサイコーに素晴らしかった。これは書いておかねば。
by Sonnenfleck | 2009-06-14 12:03 | 演奏会聴き語り
<< [カルミナ・ウィークエンド]第... そう かんけいないね >>