on the air:大河ドラマ『天地人』~第24話「戸惑いの上洛」

c0060659_6213175.gif福島正則が空を飛ぶような演出を誰が喜ぶのか?

脚本家と演出家はコメディのつもりでやってるのかもしれないけど、質のいいコメディなら当然備えている節度もないし、恐ろしい寒々しさを感じる。コメディ路線で不人気だった『新選組!』には少なくとも自己を抑制する感覚を感じたし、常套性に陥らない鮮烈な演出があったのに対して、『天地人』は酔っ払いの宴会芸のようにどこにもオチがなく、誰をターゲットにしたのかわからない表現ばかりで、公共の電波の中を無駄に漂っているだけ。はっきり言って今年の脚本家と演出家は全然センスがないということです。

上杉景勝と直江兼続の話はうまい具合に込み入ってて決して悪い題材じゃないのに、三流の脚本家と演出家が低俗なホームドラマに仕立てた。こんな番組の制作費を支えるために受信料を払っているわけじゃないんだ。制作陣は顔を洗って一から出直したらどうだろう?
by Sonnenfleck | 2009-06-18 06:22 | on the air
<< 幻想の中のフツー [カルミナ・ウィークエンド]第... >>