年月に添へて徒然のワードの数のみまされど

exciteブログは外部のアクセス解析を張ることができなくて(どうやら裏技もあるみたいですが)、今のところは彼らの提供するシンプルな解析に身を任せています。2009年7月末日の検索ワードランキングの上位10位は次のような感じ。

1位 庭は夏の
2位 若杉弘
3位 庭は夏
4位 庭は夏の日ざかり
5位 アルメニア国歌
6位 アルミンク
7位 庭は夏の日
8位 天野こずえ
9位 site
10位 花岡和生

このランキングは月初から月末までの積算で現れてくるので、月末になりますと、ブログ名で辿り着かれる方の割合が一定の数を占めることがわかっていまして。長いブログ名なので、庭と夏だけでも覚えていてくださるのがありがたいです。
時事的なものでは、若杉氏の訃報や、アルミンク/新日フィルの《七つの封印を有する書》公演に基づくものと思われるものがある一方、「アルメニア国歌」は非常に謎が深い。確かにこのワードでGoogle先生にお伺いを立てると、数年前に書いたソ連国歌集の感想文が6位にヒットしてしまうのですが…何者かに付け狙われているのでしょうか(笑)

ちなみに2009年8月1日はどうかというと、1か月分が均されていない分、カオスです。

1位 ストラヴィンスキー ナイチンゲール ドリスコル グリスト
2位 "若き日のハイドン"
3位 まだ鐘がある
4位 水永牧子
5位 宗次記念ホール
6位 SRS-3000
7位 site:dsch1906.exblog.jp ヴェルサイユ
8位 エッシェンバッハ ボレロ
9位 クリスティアン・ゲルハーヘル youtube
10位 キュービズム技法で自画像

1位はたぶんストラヴィンスキー・マラソンの当該エントリに反応していますが、2位の"若き日のハイドン"、これはまた謎です。ここはハイドン音痴のブログですからねえ。7位や10位の方の真意もぜひ知りたいところ。。
そして3位「まだ鐘がある」は、、いまだに人気のワードです(苦笑)
by Sonnenfleck | 2009-08-02 09:42 | 日記
<< 精神と時のお買い物XIX(週末... ヱヴァンゲリヲン:破 感想文 >>