なつかしいいちにち(10/12)

c0060659_6233273.jpg

初秋の大倉山記念館。
古巣の団体のOBOGがアンサンブルをやるというので聴きに出かけたら、思いもよらない盛況ぶりでびっくり。お客さんのつもりで行ったけど座る場所がないし、身内だしなと思って受付や撮影係など勝手に手伝ってきました。

団体の性質上取り上げられることのなかったボッケリーニ、復古精神の鑑として記念イヤーのメンデルスゾーン第2カルテット、懐かしのジェミニアーニop.3-3とバッハ1056、アンコールにパーセルのシャコンヌが二曲。
by Sonnenfleck | 2009-12-18 06:24 | 絵日記
<< 東京二期会―プッチーニ《蝶々夫... 晴読雨読:ゲーテ/池内紀訳『フ... >>