ニケ/ル・コンセール・スピリテュエル 《アーサー王》@神奈川県立音楽堂(2/28)

c0060659_2172069.jpg【2010年2月28日(日)15:30~ 神奈川県立音楽堂】
●パーセル:《アーサー王》
→アナ・マリア・ラビン(S)
  シャンタル・サントン=ジェフェリー(S)
  アーウィン・エイロス(C-T)
  マーク・キャラハン(Br)
  ジョアン・フェルナンデス(Bs)
⇒伊藤隆浩(演出)
⇒エルヴェ・ニケ/
  ル・コンセール・スピリテュエル


チリの地震が太平洋を泡立てているさなか、また、ニケと仲間たちによるピリオド音波に浸ってきました。桜木町の音楽堂もずいぶん久しぶりだなあ。東横線桜木町駅の最後の日を写真に収めたのが、昨日のことのような気がするね。

津波警報発令のために電車が止まりまくったので、開演が30分繰り下げられる。会場はほぼ満席だったけど、火曜日に電話してまだ残っていた最前列を確保できたのは幸運であった。

+ + +

ニケはなんだかんだと二年置きくらいには聴いているような気がする(《大地の歌》室内編成版@みなとみらいヘンデル@名古屋)。しかし彼と彼らの真骨頂が発揮されるべきフランスバロック、もしくは亜フランスバロックは今回が初めてなんですよね。
8割がたリュリのようでいて、リュリに比べると微妙に陰気なパーセル。パーセルは僕にとって因縁の作曲家で、その正体はいまだ掴みがたい。
ガーディナーの《メアリ女王...》やホグウッドの劇音楽にパーセルの謎を解く鍵が入っていないのは、彼らの穏和な音楽づくりとこの作曲家との親和性が高すぎるからのように思う。でもその一方で、元気印のヤーコプスによる《ディドーとエネアス》はなんだか他人行儀、ここでもイマイチ感が拭えなかったからには、何かパーセルには深大な意味があるんじゃないか。

…という妄念は、この日、フランスバロック側からのあっけらかんとしたアプローチによって、簡単に棄却されてしまった。ああ…やはりリュリみたいにウソっぽく造形しちゃえばよかったんだ。。正攻法すぎる。。ニケのパーセルの録音って聴いてなかったもんなあ。
あくまでフランスバロック流に、ひたすらキザに軽~く流れてゆくパーセルの心地よいことといったら!スコアに漂う微妙な陰気さもウソっぽさで塗り固めちゃえば跡形もないぞ!楽勝だぞ!

コンセール・スピリテュエルも改めていい団体だと感じました。
初体験時のヘンデルはあの管楽隊の爆音に気圧されてしまった感があったけども、弦楽と通奏低音が平常通りに運転される今回のような編成においては、それだけに留まるはずがない。もちろんこのアンサンブルのオーボエ、フルート、バソンは、単純に人数が減ったからといって存在感を減ずることなんかなくて、相変わらず南国のフルーツのように強い香りを発散している。しかしそれと渡り合う余力が今回の弦楽とBCには備わっていて、両者が溶け合いながらピチピチと色気のある拍感を醸し出し、それとともに雅やかな弱音が聴こえてきて嬉しかった。
(しかし、ルーヴル宮のように決定的に圧力のある器楽でもなかったのは事実。彼らに比べると、コンスピはもう一段フランスローカルという感じがした。)

+ + +

コンスピの合唱隊は、CDではおなじみながら今回が初めてのライヴ体験。予想を上回る技巧的かつエロティックな合唱で、ああなるほどニケがいつもフランスバロックのディスクで聴かせる音楽の本体はこっちなのかもなと思われました。

ソリストはカウンターテナー君がいささか安定を欠いたほかは皆どっしりとしており、特にバスのフェルナンデスという人は豊かな声量と絶妙のギアチェンジで、ソリスト陣の要にふさわしい歌いっぷりでした。ブラヴォ!

+ + +

あー。それにしてもね。あの演出はなんだろうね。
あんなクソくだらない演出を考える脳ミソにブドウ糖を補給するために自分の払ったお金が一部使われるのかと思うと、実に胸クソ悪いね!

何が酷いかというと、無策ならば無策なりに妖精とか魔法使いとかそのまま出しときゃよかったものを、そういう台本の表層をなぞることすら放棄して、夕刊フジ的に浅はかなネタを(困ったことに愉快な風刺のつもりで)得意満面に組み込んでいらっしゃるところなのです。
何?war?tank?missile?食料自給率?事業仕分け?関係しているようで実はなーんにも関係のないものをいかにもそれらしく並べるのは、関係ないものを関係なく遊びで並べるのよりずっと罪が重い。そしてそれらさえ、スクリーンに投影する文字に頼らなければ何もできない愚かしさ。

台本の要請によるエロスの表現も、ありゃエロスではなくて、ただの昭和スケベっていうんだよ(♂♀とかモンキーパンチかっつうの。)
スクリーンには「寒」とか「暖」とか「R-18」とか(しかも間の抜けたフォントで)映し出しちゃうし、なぜか多用された顔文字の選択もいちいちダサくて((@_@;)とか(~o~)とかどうなのさ>悔しかったらエロ場面に麻呂AAでも仕込んでみなよ)、いかにも40、50のオッサンが部下相手に放ちそうな珍妙なウケ狙いそのまま、、こんなのは週日に会社で食らうので十分なんだよ!!

音楽は最高なのに演出が全部台無しにする。もう途中から腹が立って腹が立って。でも人生で初めて生ブーを飛ばす機会を与えてくれた演出家として、伊藤とかいう人の名前はしっかり覚えておかないとね。ね!!

◇◇◇ 3/1追記 ◇◇◇

各ブログ、また巨大匿名掲示板でも指摘が出ているように、哀れな演出家もどきである伊藤大先生は、我々のブーに対して「お?もっと飛ばせや」という挑発的態度でいらっしゃった。
これは大先生の「オレの考えた最先端の過激な演出を、頭の固いお前らは受け入れられないんだろ?」という愚かな思い違いによっていたのだと想像するが、我々は、演出になっていないことに対してブーを飛ばしていたのである。
by Sonnenfleck | 2010-02-28 21:07 | 演奏会聴き語り
<< モンテヴェルデ屋襲撃 束芋|断面の世代@横浜美術館(... >>