インバル/都響『作曲家の肖像』Vol.76 《ベートーヴェン》@芸劇

c0060659_20121816.jpg【2010年3月14日(日) 14:00~ 東京芸術劇場】
<ベートーヴェン>
●《エグモント》序曲 op.84
●Pf協奏曲第5番変ホ長調 op.73 《皇帝》
→小菅優(Pf)
●交響曲第5番ハ短調 op.67
⇒エリアフ・インバル/東京都交響楽団


ラザレフ/日フィルから二日連荘で組んでしまったためか、はたまた週日の疲労が蓄積したためか、体調激悪。《エグモント》《皇帝》はほとんど完全に寝スルー。

初めに、残念だった点を書いておくと。
ついにライヴ体験した小菅さんは、これならばどうしてこんなにブログ界隈で評判が高いのか…と首を傾げざるを得ない大味な様子でした。大きなミスタッチ、不安定なテンポ、ドスンバタンと鍵盤を叩きつける重量感、きっと3月14日が絶不調だったのだろうとは思いたいものの。

で。運命ですよ。これ、大名演だったんじゃないですか。
昨年のエロイカで感じざるを得なかった違和感、違和感で構成された音楽、今回もそういったものを予想していたので「眠気は飛ぶけど神経が疲れるだろうなあ」という気持ちがありましたが、蓋を開けてみたら、なんということもない直裁運命だったわけだ。
今日、倍管のモダンフルオケでベートーヴェンを聴く意義は…などという辛気臭い考えもぶっ飛ぶほどのエネルギー。ところどころ「ん?」と思わせるような違和感のある仕掛け、これがほとんどなかったのが逆に新鮮。秘技・サプライズ封じによる逆サプライズ。塩とブラックペッパーだけで軽く味つけされた分厚いステーキに齧りつくような、そういう健康的ワクワク感がこの日の主役だったなあ。解釈者インバルはステーキの後ろに隠れていたよ。

それから都響はいいオケ。やっぱりこれを再認識する。
by Sonnenfleck | 2010-03-28 20:13 | 演奏会聴き語り
<< 野放しの「非実在巨匠」を規制へ... 甦るフルヴェンニコ、トスカニコ、 >>