のだめカンタービレ ‐ 最終楽章 後編(5/4)

ポゴさん@サントリーの感想文は、まだ書けてない。

+ + +

c0060659_856494.jpg【2010年5月4日(火) 19:10~ 新宿バルト9】

観てしまった。前編観てないのに。

4コマのように小さなエピソードを積み重ねるのが好きで、なおかつその点で抜きん出ていた二ノ宮さんは、パリ留学以降の長編のストーリーテリングで彼女の持ち味を発揮したかというと、そうではない。

原作のあの結末は、拡げすぎて抱えすぎてしまったものを、自らの手で全部ご破算にするようなヤケクソ感が強く、何かタコ6の最終楽章みたいなものを髣髴とさせた。のだめ原作の長編化の構想自体、作者にとってはもしかしたら不幸だったのかもしれないなあというのが、僕の現時点での結論。(短編的なつくりに戻ってきた原作エピローグの第24巻は普通に面白く、面白うてやがて少し無念。)

月9時代とは異なり、独自演出をやや弱め、だいたい原作通りに作り込まれた今作。それに対してプロットに関する文句を言っても実に詮ないので、思ったこと・同行者と話し合ったことを箇条書きにて。

■3年も経つとみんな顔が変わる。瑛太と小出君はそろそろきつさが漂うね。。
■ヤドヴィは蒼井優がカツラ+カラコンでやればよかった。
■ラヴェルの協奏曲祭りの予感。のだめのイメージCGもいい。
■のだめは伴奏もソロパートも含めて、無理やり全部ピアノで再現していたが、あれはクラヲタ的にはニヤけるポイントだよねえ。あのゴーストプレイヤーもランランなんだろうか…聴いてみたいぜ…。
■山田優の弾いてなさが、ぐるり一周してRuiっぽい。逆に樹里のだめや水川清良はすっかり堂に入っているということがわかる。
■そこ、第1楽章じゃね?
■あれって《ファウスト交響曲》なのか。
■玉木千秋は指揮がずいぶん上手くなった。すごい。
■ベートーヴェンのop.110は名曲すぎる。原作でこれが選曲されたときには非常に驚いたけれども、実写になって流れてくると、戦慄を覚えるくらい。
■少しも変わらず怪しい竹中シュトレーゼマンにも戦慄。
■モーツァルトの2台ピアノはちゃんと暴走してましたね。恐怖の多重ランラン。
■結論としては、地上波お正月スペシャル、とかでもよかった気もする。

+ + +

今調べたら、2005年の過去ログで、当時第11巻まで出ていたのだめのことを取り上げてました(恥ずかしいのでリンクは張りません)。この5年ですっかり国民的ヒット作に祭り上げられたのが、なんだか夢のような。知る人ぞ知る秀逸クラ漫画のままであったら、それはそれでよかったのかもしれないな。
by Sonnenfleck | 2010-05-09 08:55 | 演奏会聴き語り
<< 精神と時のお買い物XXII(珈... 熱狂の復習―【178】ネムタヌ... >>