masaaki - bach - 草野球

毎年恒例、職場の草野球に駆り出されて、今年もボロ雑巾のように草臥れきった日曜の朝。若手だって身体中ばきばきになるんだわい。しかし、やればやったで爽快なのは今年も同様で、日焼けも愉し。土ぼこりにまみれるのも愉し。

+ + +

c0060659_21123777.jpg【BIS/1113-1114】
<バッハ>
●フランス組曲 BWV812-817
●組曲イ短調 BWV818a
●組曲変ホ長調 BWV819a
⇒鈴木雅明(Cemb)


タイトルは三題噺のようでもあり、ようでもなし。
録音のいいフランス組曲のディスクがほしかったところに、ディスクユニオンのセールに未開封新品を見出す。
聴いてみれば、その控えめで地に足のついた表現にむしろ驚きを覚えるのです。テンポはあまり揺れず、装飾もさりげなく、鮮やかな原色を排する代わりにグリーン系ペールトーンで占める感覚。センペ熱やアンタイ症に浮かされた脳のヒダの奥までナチュラルにクールダウン。

僕が守ったライト前には、薄緑色のシロツメクサが彼らの流儀で生活していて、それらを見下ろすのがとても久しぶりであることよ。シロツメクサのなんということなさ、なんということのないことの確かさ。
BCJのバッハのことを能面古楽とか書いたこともあったけど、masaaki氏のソロを久しぶりに聴いてみて、この淡々とした味わい、予想以上のゲージツぶらなさに、不思議な安心感を覚えるのはなぜか。なぜかな。
by Sonnenfleck | 2010-06-29 21:14 | パンケーキ(18)
<< B様で書く五代目 ふだん、僕らが使うことばで。 >>