アーノンクール/CMW 《ロ短調ミサ》@NHKホール(10/24)

ちょいとお久しぶりでございます。
一週間、頭がぼうっと霞んでしまっていた。
今夜はさらに《天地創造》で追い討ちを掛けられ、おまけに終演後のサイン会で至近距離のアーノンクール☆目ヂカラ!にやられてしまったのだが、霞む頭に鞭打って、まずこの分だけは感想文を書いてしまおうそうしよう。

+ + +
c0060659_150323.jpg

【2010年10月24日(日)18:00~ NHKホール】
●バッハ:ミサ曲ロ短調 BWV232
→ドロテア・レッシュマン(S)
  エリーザベト・フォン・マグヌス(MS)
  ベルナルダ・フィンク(MS)
  ミヒャエル・シャーデ(T)
  フローリアン・ベッシュ(Br)
→エルヴィン・オルトナー/アルノルト・シェーンベルク合唱団
⇒ニコラウス・アーノンクール/コンツェントゥス・ムジクス・ウィーン


前回の来日時に京都で聴いた《メサイア》を思い出させるあの「だまだま感」は、ロ短でも顕著であった。すなわちアーノンクールらしさの源である、拍節とハーモニーの中の計画された滞り―それがロ短に適用されて、今やナチュラルに胸に届く不思議。
アーノンクールと彼の仲間たちが年齢を重ね、表層を覆っていたとげとげ感が抜け落ち、元から彼らの奥のほうにあっただまだま感が表に現れて、結果的に音楽が著しくアップグレードしたことは、評価してよいのだろうか(だまだま感はしかし、クノールカップスープの溶け残りとは違う。繰り返しになるけれども、硬質なCMWの響きがいつの間にか角を摩滅した結果として、もともとのアーノンクールにおける通奏低音観が表出しているのだということは、ちゃんと意識する必要がある)

僕自身は、この変化形が、世界に二つとない不思議な音楽であることを鑑みて、今回のロ短に対して静かに強く支持を表明したい。レコ芸史観的にはアーノンクールはスタンダードなのかもしれないが、全然そうではないということが、今回も明らかになったと考えている(彼の録音したブランデンブルク協奏曲なんか、僕はとんでもなく変な演奏だと思うんですが、どうでしょう)。

+ + +

〈Kyrie〉の鋭く透き通った歌い出しは想定以上の威力で僕たちを串刺しにする。一瞬であの広漠とした空間が凍りついて、お客さんが息を飲んでいる。
でも、その鋭さは、今のアーノンクールたちにとっては主役にはなりえない。その直後から始まるフーガのハーモニーに、蕩けるように甘美な濁りが隠し味として用いられていたことを、僕は忘れられないんだよね。
そして、嬰ヘ短調の四部合唱の、深淵を覗くような静けさ。。この不気味な静まりは、当然のように、後半〈Crucifixus〉でもこちらの心を揺さぶる。

〈Gloria〉に入って、だまだまだま...と拡張された3拍子に可笑みがこみ上げる。これがこの人の通奏低音なのだよな。面白いな。
〈Laudamus te〉のエーリヒ・ヘーバルトのオブリガートVnの音色は、当然のごとくキシキシと鉱物質で、こういったところは録音で偲ぶ過去と変化ない。しかし横方向に対して健やかに伸縮する様子は、これは今回の新たな発見だったと思う。話は前後するけれども、〈Benedictus〉でのロベルト・ヴォルフのオブリガートFlも信じられないくらい自由なアゴーギクが伴われていて驚愕する(もっともこれは、「あえて」空気を読まなかったミヒャエル・シャーデの呼吸のためだったかもしれない)
器楽ソリストというと、さすがに艶がなくなって枯れた味わいが出てきたヴェスターマン御大のObダモーレも印象深い。二番(たぶん)を吹いていたので僕の席ではあまり聴き取れなかったものの、ミラン・トゥルコヴィチのFgを楽しんだ方もいらしたことでしょう。

魅力的なアリアにも事欠かない作品ながら、強く心に残るのは(これはもう鉄板だけども)ベルナルダ・フィンクが歌う〈Agnus Dei〉。普段、ショルが歌っているヘレヴェッヘの録音に親しんでいるからなのかもしれないが、女声らしい円やかな情感に溢れているのを聴いて、シンプルに感じ入る。
そして終曲〈Dona nobis pacem〉。どのような演奏でもこの曲の抒情にみんな深く感動してしまうし、堂宇が立ち上がっていくような響きには胸を熱くする(ちなみにここでも、リズムはだまだまと引き伸ばされている)。そうしてアーノンクールは、最後の数小節を、終わりを惜しむようにふんわりと静かに収めたのだった。

盛大な一般参賀、外は氷雨。
by Sonnenfleck | 2010-10-31 01:53 | 演奏会聴き語り
<< アーノンクール/CMW 《天地... バタが香るアヴァンギャルド。 >>