アーノンクール/CMW 《天地創造》@サントリーホール(10/30)

この10月30日は、奇しくも小生の誕生日でございました。台風なんどに降り込められるのは真っ平ご免、ハイドンとアーノンクールにわが創造を祝ってもらおうという傲慢も、まあ今日ぐらいは許されると思って、嵐の港区に降り立ったのであったことだよ。
風雨に曝されて芯から冷え切りながらボックスオフィスの前に並ぶこと40分、当日券とは思えないほどの良席をゲットしたのち、速やかに溜池山王方面に走ってドトールへ飛び込む。ホットココアとクロックムッシュでぬぐだまりー。

+ + +

c0060659_1232272.jpg【2010年10月30日(土) 18:00~ サントリーホール】
●ハイドン:オラトリオ《天地創造》Hob.XXI-2
→ドロテア・レッシュマン(S)
  ミヒャエル・シャーデ(T)
  フローリアン・ベッシュ(Br)
→エルヴィン・オルトナー/
  アルノルト・シェーンベルク合唱団
⇒ニコラウス・アーノンクール/
  コンツェントゥス・ムジクス・ウィーン


で、どうだったか?
音楽の神秘を、僕はなんとなく征服したつもりになっていたが、つまるところ、僕はおしゃか様の掌に寝っころがってキーボードをポチポチやっているだけで、稀におしゃか様が正体を見せると、もうダメなのよ。キーボードは木っ端微塵、四方に弾け飛んだキーを慌てて拾う手もいつしか痺れて、快感に飲み込まれてしまう。

多くは書けないが、アーノンクールは、ロ短のときのような「だまだま」まで捨て去って、とにかく静かで、ほんのりと明るい音楽を形作っていた(これが「悲観主義者の音楽」なのだとしたら、音楽は絶望のフラスコの中をゆらゆら漂うエーテルくらいの意味しか持たないな)
CMWの弦楽のコンディションが10/24の《ロ短調ミサ》に比べても格段に良く、硬質な音色の中にもどこか温かい濁りが混じって、すこぶる美しい。ロ短のとき以上に見せ場が多い管楽隊は、いとも贅沢なハルモニームジークとして華やぐ。

3人のソリストは《天地創造》のためにコンディションを整えたような、そんな趣きさえ感じられる。ドロテア・レッシュマンの第3日のアリア〈いまや野は爽やかな緑を〉など、輝かしさと寛ぎが合一して、途轍もない幸福感を放射していたなあ。
ここでまず、緑がざくざくと芽吹く様子を描写するCMWの音色にやられる。

それで、第4日に太陽・月・星が生まれる情景が描写されるのだけれども、あそこで奏でられた音楽の至高の神秘を、いったいどのように言葉にしたらよいのか、今の僕にはわからない。
甘美な多幸感によって身体が内側から張り裂けるような、苦しいような切ないような、なんだかよくわからないけれど猛烈な体験だった。こんな感覚がハイドンによって届けられたのは、僕にとってはとても意外な出来事なのだけれども、こんなことはきっと、一生に何度もない。

+ + +

台風のために気の乗らないお客が来なかったためか、マジな音楽好きで満たされたホール内は、6割の入場という実績以上の熱気であった。この日の聴衆とあの音楽を共有できたこと、これも幸せ。長蛇の列になったサイン会も、みんな幸せな顔。なお、間近で見るアーノンクールの目は本当に深かった。

しかしな。この《天地創造》で、ついにハイドンの偉大さに叩きのめされたわな。
ここにはヘンデルを通じて流れ込んできたアレッサンドロ・スカルラッティやコレッリの音楽があり、逆にここからベートーヴェンを通ってシューマンくらいまでは優に到達しうる、音楽史的な幅が観測される。アーノンクールもプログラムで語っているけれども、これがハイドンのアルファであり、オメガなのだろな。この公演に足を運ばなければ、ついに気がつかずに生涯を終えていたかも知れん。

これから、最終公演@オペラシティに出かけてきます。
by Sonnenfleck | 2010-11-03 12:49 | 演奏会聴き語り
<< さようならバルシャイ アーノンクール/CMW 《ロ短... >>