カルミニョーラ+VBO[オール・ヴィヴァルディ]@三鷹(11/28)

ルプーのチケットを払い戻しに武蔵野市民文化会館に立ち寄ってから、中央線の下をくぐって三鷹の街路を南下する。足もとに欅の落ち葉ががさがさしている。

個人的に、良いヴィヴァルディは良いバッハや良いヘンデルよりなお出会うのが難しいと考えているのです。数年に一度の良びば体験を楽しみに。

+ + +

c0060659_22512575.jpg【2010年11月28日(日) 17:00~ 三鷹市芸術文化センター・風のホール】
<ヴィヴァルディ>
●弦楽とBCのためのシンフォニアイ長調 RV158
●弦楽とBCのための協奏曲ホ短調 RV133
●弦楽とBCのためのシンフォニア変ロ長調 RV167
●Vn、弦楽とBCのための協奏曲変ロ長調
 op.8-10、RV362 《狩り》
●同変ホ長調 op.8-5、RV253 《海の嵐》
●同ハ長調 op.8-6、RV180 《喜び》
●同ト短調 op.8-8、RV332
●同ニ長調 op.8-11、RV210
 ○タルティーニ:Vn協奏曲(作品番号等未詳)
 ○ヴィヴァルディ:Vn、弦楽とBCのための協奏曲ト短調
   op.8-2、RV315 《夏》~第3楽章
 ○同:同ヘ長調 op.8-3、RV293 《秋》全曲
⇒ジュリアーノ・カルミニョーラ(Vn)/ヴェニス・バロック・オーケストラ


おお、カルミニョーラを生で聴くのはこれが初めてであったよ。
バッハのチェンバロ付きVnソナタは、誰がどんなことを言おうともカルミニョーラ+マルコンのディスクが至高の究極の決定的名演だと思っていて、それがために(それがために?)、ラテン度の高まった近年のカルミニョーラとは少し疎遠にしておった。あ、モーツァルトは聴いてますよ。
もちろんバックは、2005年に《アンドロメダ・リベラータ》を聴いて以来のVBO。今回はマルコンが来てないので、カルミニョーラ天下の一週間なのであろう。

+ + +

ライヴのカルミニョーラをひとことで表すと、あきれたというのが最も近い。
あんなに音程やフォルムを犠牲にして、集中と弛緩の振幅を大きく設定して。彼が前述のバッハで聴かせている理性と情熱の黄金比は完全に吹っ飛んでしまい、いくつかの楽章は本当にぐでんぐでんであったことだよ。ホントだよ。

これで終わったらてやんでい金返せというものだが、しかしながら、ところどころに極めて真摯な情熱が隠れている。《狩り》第3楽章《海の嵐》第2楽章や、ニ長調8-11第1楽章など、ゾクゾクするようなおじさんの渋味が充満していて、マダムも娘さんも美少年もころりといってしまうことだろう。これは狡猾。
良いヴィヴァルディだったと言い切る自信はないが、少なくとも、とことんワルくてエロいヴィヴァルディだったとは言える。

VBOのほうは、面白い反応を示していたので特に記しておく。
この日、3曲目まではカルミニョーラが登場しない。マルコンがいれば当然マルコンが仕切るのだろうが、彼が不在の状態で、いちおうコンマス氏を核にしてアンサンブルが組まれる。ところがこの段階でのアンサンブルがずいぶんちぐはぐなんだなあ。
おっとり草食系のVnに、ノリの悪いVa、そこへ圧倒的に精力絶倫なBC隊(Vc+Cb+Lt)、なぜか我かんせずの内向きCem。うわべは上品だけど中はすかすか、しかもBC隊だけはナンパと口説きに夢中、みたいな。

そこへカルミニョーラがひらりっと入ってくると、BC隊との(主に音楽のエロ度数的な)バランスが非常にキレイに整って、忠実従順な背景と化したVnとVaが気持ちよさげに勤労に励む。この形態はいったい。。
僕が聴いた5年前のVBOはもっとまともな古楽アンサンブルだったのだが、マルコン不在のせいか、はたまたカルミニョーラと一緒にやりすぎて変な伴奏グセがついているのか、最近の一流の古楽アンサンブルなら標準装備の「湧き上がってくるような自発性」が同梱されてないのにはびっくりしたですぜ。少なくとも今回であれば、BC隊があの情熱を内部統制に傾けるだけでだいぶ違うと思ったが。

(なお、BC隊の弁護を許していただけるなら、タコのようなリュートのおっさんと、同じくタコのようなチェロのおっさん、あの二人は相当な名手だと思うんだ。あれほど千々に乱れるソロにひたり...と付けて、知らぬ間に拍を整えて、その隙間に自分でもこれ見よがしに華やかな装飾をひけらかす。。並の高音楽器奏者では到底太刀打ちできんのだろう。)

+ + +

ちょうど舞台真横のサイドバルコニーに、大感激の女性と、反応のいい学生グループがずらっと並んでいるのを目にしてグッと来たのか、特盛のアンコールで応えるカルミニョーラ。
カラメの《夏》第3楽章はまあ想像が付いたが、まさかの《秋》全部マシに笑う。

追伸1 会場で談笑するiioさんとLINDENさんを見かけました。

追伸2 ちょっと疲れて帰りに乗ったタクシーが、カーステで大音量ドヴォ8を掛けるまさかのボヘミアンタクシー。笑えすぎる。運転手さんに謝ってドヴォ8を切ってもらうも、ヴェネツィアの侵蝕がとまらない。
by Sonnenfleck | 2010-11-29 22:54 | 演奏会聴き語り
<< 華氏140度:4 晴読雨読:中川右介『昭和45年... >>