また告知。

「東京の初夏 音楽週間」

日時:5月3日(火), 5日(木) 開演18:30
場所:相田みつを美術館第2ホール(東京国際フォーラム) 
料金:1500円(収益を東日本大震災の被災地に寄付)
主催:三田樂所
共催:相田みつを美術館
協力:木戸敏郎, 北中正和


5月3日(火)「古楽東西--中東の琵琶ウードと11弦ギター」
ウード:常味裕司
ギター:明石現
案内人:北中正和
[ウード・6弦ギター]
●作者不詳《トリスタンの嘆き - ラ・ロッタ》(イタリア,14世紀)
●作者不詳《ハンガリー舞曲》(ハンガリー,18世紀)
[11弦ギター]
●エルンスト・ゴットリープ・バロン《ソナタ変ホ長調》より(ドイツ,18世紀)
[ウード・ソロ]
[ウード・6弦ギター]
●作者不詳《3つの舞曲》(フランス・ドイツ・イタリア,ルネサンス期)
●ベーラ・バルトーク《ルーマニア民俗舞曲》(1914年)

5月5日(木)「響き、再発見--正倉院復元楽器の世界」
箜篌:佐々木冬彦
排簫:笹本武志
案内人:木戸敏郎
●佐々木冬彦《黙想曲》[ハープ]
●一柳慧《時の佇い II》[箜篌]
●佐々木冬彦《恋歌》[ハープ]
●サルツェード《夜の歌》[ハープ]
●マクスウェル《引き潮》[ハープ]
●ハーライン《星に願いを》[ハープ]
●笹本武志《砂紋》[ハープ・排簫]
●雅楽《春鶯囀遊聲》[正倉院横笛]
●笹本武志《草原情歌抄》[正倉院尺八] ー中国民謡をモチーフにしてー(初演)
●笹本武志《いざよい》[排簫]
●芝祐靖復曲《長沙女引》[箜篌・排簫]

※5月2日曲目追記(無断の転載お許しください)。

先日、チャリティ企画「バッハの素顔にズームイン!」を主催された音楽評論家・澤谷夏樹さんが送る、ふたたびのチャリティ企画です。

すでに伝説化した<東京の夏>音楽祭に思いを馳せたい方、また「今年のLFJには古楽分が足らねえぞこら」てな向きにも猛烈にお薦め。サヴァールのオリエンタル系録音、alphaの白ジャケシリーズ(ラルペッジャータとかね)などに惹かれる方も、もちろん大歓迎です。当方もふたたび、5日の公演のほうでお手伝い申し上げることになりました。ぜひお運びください。

※ご注意点
(1)こちらの会場は「第2ホール」。「本体」が公演するみつを美術館の「第1ホール」ではございませんので、ご注意を。「第1」に比べてさらに親密な空間です。
(2)ご予約は不要です。
by Sonnenfleck | 2011-05-01 08:49 | 日記
<< 佐藤俊介<オールバッハ>無伴奏... 精神と時のお買い物XXV(ラフ... >>