ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン:一日目

【2005年4月29日(金)15:15〜 東京国際フォーラム・ホールB5】
●イギリス国歌による7つの変奏曲ハ長調 WoO. 78 
●6つのバガテル op. 126
●アンダンテ・ファヴォリヘ長調 WoO. 57     
●バガテル《エリーゼのために》イ短調 WoO. 59
●7つのバガテル op. 33             
●ピアノ・ソナタ第14番嬰ハ短調《月光》 op. 27-2
●11のバガテル op. 119              
  ○アンコール バッハ:鍵盤作品(詳細不明)
→アンヌ・ケフェレック(Pf)


アンヌ・ケフェレック、なんというピアニスト。
フランス近代ものを中心に録音してるんでしょ〜だったらオサレ系かしら〜、という予備知識に基づくくだらない予想は完膚無きまでに打ち砕かれました。最初の《イギリス国歌による7つの変奏曲》の一音めからその厳しい彫塑に愕然とする。《6つのバガテル》の残酷な嘲笑、《月光》第3楽章の柔軟なアゴーギクと一方で峻厳な打鍵。そしてアンコールのバッハ(曲目不明●)の清浄な歌心…。厳しい審美眼を持った本日の同行者も、感動すること夥しく、二人してしばし茫然。すごいものを聴いてしまいました。。

【2005年4月29日(金)20:45〜 東京国際フォーラム・ホールC】
●ミサ・ソレムニスニ長調 op. 123 
→クラウディア・バラインスキー(S)、エリザベス・ヤンソン(A)、ダニエル・キルヒ(T)、クレメンス・ハイドリッヒ(Bs)
→RIAS室内合唱団、カペラ・アムステルダム
→ダニエル・ロイス(指揮)コンチェルト・ケルン


初来日の古楽オケ、コンチェルト・ケルンによるミサ・ソレムニス。古楽好きでこれを聴かぬはモグリと思い、当日券を購入しました。
……いやーなんであんなに巧いんすか!!!!!!80分間ずっと開いた口が塞がらねがったすよ!!!!!!もう自分ミサソレの実演は聴きたくないです。。これ以上は望むべくもない。関東在住で、このブログを御覧になってくださってて、なおかつ明日何も予定のないかたは、どうか国際フォーラムに行ってみてください。まだ空席あります。お願いします。土下座します。もう冷静な感想書けません!!お祭りだから許してください!!

そう。ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンはまさに「祭」。お客も演奏家もスタッフもみんな超テンション高い。確かに当日券発券の手際の悪さとか、休めるところの少なさとか、どこ行っても行列だとか、課題はいくらでもあります。でもそれ以上に、クラシック音楽の一大イベントを東京のど真ん中で開催できたこと、そこへ予想をはるかに超える聴衆が集まったこと、そしておそらく従来は集客不可能だと思われていた21時すぎからのレイト・コンサートに(GW中とはいえ)ホールを埋め尽くす聴衆がつめかけたことなど、クラシック音楽ビジネスに新たな局面をもたらしうる催しだと思います。明日からも大注目。
by Sonnenfleck | 2005-04-30 00:00 | 演奏会聴き語り
<< ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャ... トンネル脱出とカエル怪気炎 >>