精神と時のお買い物XXVII

【HMV】
1 "ROSENMÜLLER, LEGRENZI, STRADELLA"(AMBRONAY) *RFC
2 ヘンデル:合奏協奏曲 op.3(DHM) *シュレーダー/バーゼル室内管
3 ファッシュ:協奏曲と序曲(DHM) *シュレーダー/バーゼル室内管
4 "kuniko plays reich"(LINN) *加藤訓子

【かつしかシンフォニーヒルズ】
5 バッハ:クラヴィーア練習曲集#2(Alpha) *バンジャマン・アラール

+ + +

⇒昔、ローゼンミュラーのソナタ・ダ・カメラを1曲、日本初演したことがある。いや、正確に調べたっつーわけじゃないんだけど、きっとあれが日本初演だったと思っている。ここにはたぶんその曲は入っていないが、マンフレート・クレーマーとレア・フルーツ・カウンシルの17世紀作品集が出たので、買いである。1。

⇒2と3。まだ少ないけれども「絶賛」を目にする機会が増え始めたユリア・シュレーダーとバーゼル室内管の録音が安かったので購入。ふぁっしゅふぁしゅ。

⇒4。2007年に愛知県芸で聴いた《ムナーリ・バイ・ムナーリ》のパフォーマンスがいまだに心に残る加藤訓子さんが、ライヒの「カウンターポイント」3部作をパーカッション版で録音。すでにこの夏のヘビロテが約束されている。

⇒そして5。ラ・プティット・バンド葛飾公演の会場売りにて衝動買い。
あのねあのね。今度一緒に来てるチェンバリストのバンジャマン・アラール(1985年生まれ)がすごかったでしたのよ。土曜のオペラシティ、日曜のザ・シンフォニーホール、チケットをお持ちの方はぜひお楽しみに。葛飾の感想文はそのうち。
by Sonnenfleck | 2011-06-30 21:33 | 精神と時のお買い物
<< ラ・プティット・バンド来日公演... on the air:ル・ポエ... >>