on the air:タモリ倶楽部「潜入!環状第二号新橋・虎ノ門トンネル」(11/19)

開通前に入れてもらおうシリーズ!潜入!環状第二号新橋・虎ノ門トンネル
~都会のど真ん中新橋にでかいトンネルが掘られている!外堀通りの先が地下に!超感動の初潜入!(テレビ朝日/2011年11月18日 24:20~)


小生、正直に申し上げますとこのあたりの地区に勤務しておりまして、それこそ毎日のように「環状第二号新橋・虎ノ門トンネル」の存在を感じながら出退勤を繰り返してるんであります。
レンガ通り、柳通り、そして新橋西口通りのあたりは、シャレオツな汐留とは全然違って、古き良きオトナの新橋の佇まいをかすかに残す静かな街区と、新興の低俗な情景がまだらに混じり合い、複層的な魅力のある街並みが形成されとります。

これらの通りを東西にずばとぶち抜くトンネルが、その巨大な開口部を第一京浜に向けてむき出しにしている光景…これを初めて目にしたときは度肝を抜かれたものです。それまで通行人の視線からトンネルの存在を隠すようにしていたフェンスが取り除かれてからというもの、いつかタモリが「タモリ倶楽部」か「ブラタモリ」でここに潜ってくれないかとずっと思ってきたのですが、ついにそれが叶いました。

+ + +

虎ノ門から汐留にかけて、地下10メートルという比較的浅い地点を掘り進めたトンネルです。もとは海底だったこの地区ならではの、堆積物から成る柔らかい土壌を掘っていくのにはかなりの労苦があると見えて、まだまだ未着手の箇所も多い模様。土留めの錆び錆びが生々しくも男臭くて風情がある。

「ブラタモリ」では久保田アナ(とNHK)に相当気を遣ってはしゃぎ方もだいぶ落ち着いてるんだけど、「タモリ倶楽部」で街歩きや巨大構造物観光をするときは、子どものように喜ぶ姿を見せてくれるので、ファンとしても嬉しい。今夜のタモリ倶楽部では、テンションが上がりすぎてトンネルを全力疾走する66歳の姿が見られた。
by Sonnenfleck | 2011-11-19 01:30 | on the air
<< テミルカーノフ/サンクトペテル... 華氏140度:22 >>