大友直人/東響 第599回定期演奏会<マーラーのリート・プロジェクト始まる>@サントリーホール(4/15)

c0060659_6284593.jpg【2012年4月15日(日)14:00~ サントリーホール】
●ラフマニノフ:ヴォカリーズ
●マーラー:歌曲集《子どもの不思議な角笛》~
 むだな骨折り/不幸な時の慰め/天国の喜び/
 魚に説教するパドゥアの聖アントニウス/
 塔の中の囚人の歌/死んだ鼓手/少年鼓手
→トーマス・バウアー(Br)
●スクリャービン:交響曲第2番
⇒大友直人/東京交響楽団


某オークションで良席がずいぶん安く出ていたので、急遽落札して聴きに行くことに。大友氏の指揮を聴くのはとーっても久しぶりです。

シェーンベルク年度の最後に《ペレアスとメリザンド》を聴いて、東響の恐ろしく深い音色に心から感じ入ったのだったが、その音色はこの日も比較的同じであった。あるプロジェクトを通じてオケの音色がもう一段階上に昇格するということはあるんだね。僕はスダーンの音楽づくりすべてに賛成という立場じゃ(たぶん)ないけど、「監督」の役割を着実に果たしている点に関して、強く敬意を表するものです。

+ + +

後半のスク2、あまり緻密な交響曲じゃないようだけれど、妙に破天荒な勢いがあって面白い作品だったな。。
ワーグナーの魂がリンツに避暑してブル3、ヤルタにバカンスに出掛けてスク2、といった風。曲中に愉快なリズムピースがたくさん潜んでるのも、ブルックナーと共通している。でも最終楽章でハ長調を爆発させちゃうのは、熱いロシア魂がなせるわざだ。しつこいパウゼのコンボに苦笑。

しかし肝心の大友氏は、、トゥッティを勢いに任せても響きに清潔感があり、若々しい音楽が形成されるのはよいものの、リズムピースを全然重視しないところ、それから音色のパレットに数色しか絵の具がないのには閉口した。パターン化は決して悪いことじゃないが、特に音色の単調さについては、共感覚を持ってたようなひとの音楽ではいかにもまずかろうと思う。また、しばらく聴くのを止そう。。

+ + +

でも、前半のマーラーがたいそう佳かった。
ソロを取ったバリトンのバウアーが、やや軽めの、健康的な明るい声質を活かしつつ、知的なデクラメーションを駆使してテキストを解釈してく。
この曲集、実はクヴァストホフ+オッター+アバドの録音がピンと来なくてこのかた、ずいぶん聴いてなかったんだけど、この日のバウアーの歌唱によって、この曲集のマーラー音楽における重要性を再認識することができた。

つまり、いくら1900年頃のマーラーが独墺楽壇の異端だったとしても、いちおうはシューベルトのような均整を踏まえた上で歌曲を作曲していたということを、歌い手と伴奏者は忘れるべきじゃないってことです。

〈塔の中の囚人の歌〉〈死んだ鼓手〉で、イロニーの後ろに静かに響いている寂寥感は、歌い手のわざとらしい諧謔で簡単に打ち消されてしまう。この日のバウアーの自然で高貴な発音は、浪漫の泥濘からちゃんとマーラーを掬い上げていたし、大友氏の清潔な音楽性もここではプラスに働いていました。
by Sonnenfleck | 2012-04-16 06:29 | 演奏会聴き語り
<< on the air:ルネ・パ... 上陸のオランジーナ >>