さようならフィッシャー=ディースカウ

"Jahrhundertsänger" Dietrich Fischer-Dieskau ist tot(SPIEGEL ONLINE/2012年5月18日)

この大音楽家は、このブログを覗きに来ていただける皆さんにとってきっとそうであったのと同じように、僕にとっても大切な存在だった。

僕が初めて聴いたクラシック音楽はフィッシャー=ディースカウが歌うシューベルトのリートだったし、墓場まで持っていく予定の人生の愛聴盤の中で、フィッシャー=ディースカウは朗々とパパゲーノを歌っている。今夜も銀色の円盤をトレイに乗せれば、歌っている。

R.I.P.
by Sonnenfleck | 2012-05-18 21:46 | 日記
<< 日有蝕之 イーヴォ・ポゴレリチ リサイタ... >>