アルミンク/新日フィル 第495回定期演奏会@サントリー(5/25)

c0060659_20562324.jpg【2012年5月25日(金) 19:15~ サントリーホール】
●エスケシュ:Vn協奏曲(2009)※日本初演
 ○同:《nun komm》
→ダヴィド・グリマル(Vn)
●ブラームス:交響曲第4番ホ短調 op.98
⇒クリスティアン・アルミンク/
 新日本フィルハーモニー交響楽団


今をときめく、とされているコンポーザー・オルガニスト、ティエリー・エスケシュのVn協奏曲を初演コンビで、ということなら期待はいやが上にも高まらん。
さあれども勝敗は…。
東前頭筆頭バルトーク、西前頭三枚目シュニトケ、呼び出しはマルティヌー、行司はブリテン、正面審判長はショスタコーヴィチ、東のバルトークが諸差しでシュニトケを寄り切り、千秋楽に勝ち越しを決めました、といったふう。

60年くらい前の音楽と紹介されても、それほどの違和感はない。極めて保守的かつ適 度 に 良くできた音楽で、バルトークやショスタコのVn協奏曲第3番を求めていた向きにはめっけもんかもしれませんね。
勝手に熱狂的革新的かっこいいコンチェルトを期待していた僕は、細切れに過ぎて痙攣的なリズムや、既聴感が拭えない楽想にがっかり。バルトークによく似た1.5級品ならバルトークを聴きます。

アンコールのnun kommという無伴奏曲のほうが、20世紀音楽のイミテーションとしてはずっと高級だった。より凝縮してる。ソロVnのグリマルはカントロフを図太くしたような音で、かなり好みでありましたが。

+ + +

さて音楽監督アルミンクはプレトークのなかで「エスケシュのVn協奏曲は安心感が反対要素によって打ち消される場面ばかりだが、最後はパッサカリアのテーマが安心感をもたらす」みたいなことを言っていたが、この晩のブラ4がもたらしたものは何だったか。

少し辛めに書く。
つまるところアルミンクは安心しきって棒を振っていた(何しろエスケシュを振るのは指揮者にとっては「悪夢」だそうだから)。オケも安心して自分たちが知っているブラ4を自分たちが知っているやり方で演奏していた。

別に僕は、珍演奇演至上主義者ではない。でも、新奇でないならもっとディテールの詰めを緊くしなければ、今ブラームスを演奏する意味ってあるのかな。それが指揮者と演奏者の「安心」や「満足」に繋がってるってんなら僕は何も言わずに立ち去るけど、それならアマオケと変わらない。パッサカリア縛りで意欲的なプログラムだぜ!って叫ぶ前に、やるべきことがたくさんあったような気がするのだ。

アルミンクは、第1楽章を同質なメゾフォルテの果てしない連続体として示した。あの第2楽章を少年の幼い妄想みたいな音楽に導いたし、第4楽章をぎゃんぎゃん鳴り響く何か別のものに変えた(オケもけっこう責任が重い)。第3楽章だけはリズムの角がよくきまり、サイダーのようにこざっぱりして好かったけれども、よく練られたうえでの回答なのかどうかはわからなかった。この演奏会に関するレヴューは比較的好意的なものが多いようだが、僕はそうは感じなかった。

ああアルミンク。僕はあなたをこれまで珍曲でしか聴いてこなかったが、それでも負うた恩は多い。現時点での、ブラームスにおける、そうした予防線を「限界」というワードに張りたい。そういう気持ち。
by Sonnenfleck | 2012-05-30 21:00 | 演奏会聴き語り
<< 華氏140度:26 さようなら吉田秀和 >>