ぞろ目が怖い

ぞろ目が嫌い、というか怖いんですね。

時計が22:22を指したりとか、トラック1の時間表記が1分11秒だったりとか、サイコロが4のぞろ目だったりとか、電子レンジのカウントが残り33秒だったりとかすると、なんだか言葉にできない寒気が足下から上ってくる。数字というのは、同じ文字を使っていれば完全に同質の内容を表す、という前提で使われているわけです。5と5が並んでいたとき、この両者に違いが出ては困る。
でも、一切の例外を許さない完璧な同質性が、日常でふと気づくと目の前にあるんですよ。厳密な意味での完全な正三角形とか、数学的に完全な45°とか、歪みのない線分なんかを日常生活で目にすることはあり得ないけれど、厳格に同じものが並んでいるぞろ目だけはちょくちょく暮らしの傍らに顔を出す。これが気持ち悪いんです。こうやって説明してもたぶんあんまりわかってもらえないような気がしますが(^_^;)

明日はフィラデルフィア管弦楽団の来日公演を聴きにみなとみらいへ行ってきます。エッシェンバッハとランランとフィラデルフィアのオケ…三者とも全っ然方向性が違いますよね。変な化合を起こしそうで期待大。
by Sonnenfleck | 2005-05-19 22:54 | 日記
<< クリストフ・エッシェンバッハ/... 「幻容の道」を観る >>