ハンス=マルティン・シュナイト/東京藝大学生オーケストラ:佐藤卓史!

んー、、ひさびさのコンサート3連荘でした。きつい。てか最近演奏会ネタばっかでごめんなさい。そして今日も長くなりそう(-_-;)

【2005年5月27日(金)18:30〜 学内演奏会/東京藝術大学奏楽堂】
●ベートーヴェン:Pf協奏曲第1番ハ長調 op. 15
→佐藤卓史(Pf/学部4年)
●ブラームス:交響曲第1番ハ短調 op. 68


藝大の学生オケによる無料の学内演奏会。学外の人間も自由に聴くことができます。
先月聴きにいけなかったシュナイトのブラ1(神奈川フィル定期@4月16日)のリベンジ、という意味もあったのですが、それ以上に理由として大きかったのは、佐藤卓史が協奏曲のソロを弾くからということでありました。
佐藤卓史とは、長いつきあいになります。僕がクラシックと幸福なかたちで出会えたのは、彼が手ほどきしてくれたからなんです。彼とあのとき出会わなければ、いまの僕はありません。それにしても偉いなと思うのは、2001年に日本音楽コンクールで優勝してからも派手な演奏活動は控えて(きっと魅力的な誘いはいくつもあったんだろうと思いますが)、地道に藝大で研鑽を積んでいるっていうことなんですよ。極端に若いうちのほうが市場的には売り出しやすいんでしょうけど、彼はそうはしなかった。
佐藤卓史の持ち味は、その完璧な技巧と包容力ある暖かい音色、そして表現のパレットの広さにあります。テクニックに優れたピアニストは往々にして冷たい透き通った音色の持ち主であることが多いような気がしますが、彼の音はとにかく豊かで滑らか。そのうえで曲全体を大きな目で俯瞰し構築する能力にも長けている。ちょっと20代前半とは思えない雰囲気があります。

今回のベートーヴェンは、僕が聴いてきた佐藤卓史の演奏のなかでも三指に入る抜群の出来だったと思います。オケは全体的に緊張しているのかレスポンスが悪かったのですが(シュナイトがさかんに煽ってましたが、テンション低め>特に木管の反応が著しく鈍い)、第1楽章序奏が終わって輝かしくソロが登場、いつも以上に粒立ちがよく、濁りのない美音…。カデンツァで若々しく見得を切るところなど胸がすく。楽章間、シュナイトがピアノのほうを見て、満面の笑みで小さく拍手のそぶり。第2楽章の弱音の耽美的な表現はちょっとこれ以上望み得ない。アタッカで突入の第3楽章では再びリズムの跳ねを聴かせます。装飾音への軽やかなロココ的打鍵。ここのカデンツァで一瞬ジャズのようなスウィングを見せたのが印象的です。相変わらずセンスいいなあ。。指揮者も大満足の様子でソロを讃えます。

そんなわけで後半のブラ1は非常に心配していたのです。藝大といってもやはり学生オケ、、シュナイトの要求にどこまで応えられるのか。
ところが、あれ??一音目からオケの音が前半とは段違い…。確かにプロと比べれば固さは残るし、傷もありましたが、いわゆる「100ある人が90の演奏をしたとき/普段70の人が90を目指して到達したとき」という比喩がここでは思い出される。全曲通じて、自信溢れる遅めのテンポで悠々と流れていきます(前にも書きましたけど、ブラ1は「こうじゃなきゃ!」という指揮者の自信を聴かせる作品だと思う)。そのなかで懸命にシュナイトの要求(彼に備わる天賦の才、瞬間瞬間の音のヒエラルヒーを整理するセンス)に応えようとするオケの皆さん。第2楽章、よかったですよ!
ブラ1で胸が熱くなることがまだ自分にもあるんだ…。行ってよかった。
by Sonnenfleck | 2005-05-28 11:25 | 演奏会聴き語り
<< you gotta Quintet 東京大学教養学部オルガン演奏会... >>