you gotta Quintet

NHKFMでレゾナンツェン2005のライヴ、サヴァール/コンセール・デ・ナシオンによるヴィヴァルディの《ファルナーチェ》を放送中。ああーたまらん◎◎レチタティーヴォ部分の通奏低音の妖しげな色気はサヴァールならでは…。Alia Voxに録音した2002年の録音はこちら

さて、話題のパペット劇「ゆうがたクインテット」。ご覧になったことのある方はいますか?
平日の夕方17時50分から10分間、教育テレビで放送している幼児向け音楽番組なんですが、そこに登場するパペットがすごい。楽器を持ったパペットたちは、作曲家の宮川彬良(言わずと知れた《マツケンサンバⅡ》の作曲家にして、宮川泰の実子。本人も番組内に登場します)が短く編曲した《カルメン》前奏曲なんかを演奏する真似をするんですが、それをよーく見ると、ヴィブラート、スラー、弓を寝かすか飛ばすかなど、動きが完全に音楽と同期してるんですよ!見るたびに感激してしまう(笑)

「にほんごであそぼ」とか「ピタゴラスイッチ」とか、最近の教育テレビって真摯な作りの番組が増えてるような気がするんですよね。どうせ子どもが見てるんだから細かいところは適当でいいんじゃん?みたいな嫌らしさがない。子どもは恐らく大人が思ってるほど無感覚じゃないし、手加減の有無くらい判断してるんだろうから、こういう誠実な姿勢って重要だよなー。と、柄にもなく思ったのです。
by Sonnenfleck | 2005-05-29 16:02 | 日記
<< アルバンくん con fuoco ハンス=マルティン・シュナイト... >>