精神と時のお買い物XXXIII(堆積する箱たち)

特にここ1年半くらい、CDの扱いが雑になった。買ってきたり届いたりするCD自体がタワーを形成して、タワーレコードも形無しである。今や自分の聴きたいCDがいちばんよく見つかるのは自室の瓦礫の塔のなか。ああ、こころない天使が。。

+ + +

【HMV】
1 "Music for bass sackbut around 1600"(ACCENT) *オルトレモンターノ
2 ヴィンチ:アルタセルセ(virgin) *ファゾリス/コンチェルト・ケルン他
3 ベートーヴェン:Vnソナタ全集(DECCA) *カヴァコス+パーチェ
4 ブラームス:Vn協奏曲(Hänssler) *フランチェスカッティ+ブール/SWR
5 ワーグナー:アリア集(Sony) *フォークト+ノット/バンベルク響
6 プロコフィエフ:Pfソナタ#1,4,6(Sony) *ブロンフマン
7 プロコフィエフ:Pfソナタ#2,3,5,9(Sony) *ブロンフマン
8 プロコフィエフ:Pfソナタ#7,8(Sony) *ブロンフマン
9 ショスタコ:Sym#10(EXTON) *インバル/都響

【Amazon】
10 "Barbarian Beauty"(Passacaille) *ギエルミ+SPO
11 バッハ:トリオ・ソナタ集(Alpha) *アラール@オルガン
12 バッハ:パルティータ集(Alpha) *アラール@チェンバロ

1は、年末に聴いたノリントン/N響の第九つながり。交差するサックバットに埋もれたくて。
2と5はすでにヘビーなローテに入っている。僕のiPodはコレッリPodであるのと同時に、いまは歌Podにもなっています。バロックオペラでこんなに飽きない曲と出会えたのが嬉しいし、ワグネリアンとしての培養が再開されたのも愉快だ。

3と4は新旧好きなヴァイオリニスト対決。

9は、第4交響曲で鮮烈な名演を聴かせてくれたインバル/都響のタコ10。僕はタコ10には厳しいつもりだけど、インバルのショスタコーヴィチは彼のマーラーより自分の性に合うような気がしてる。

11と12は、そろそろ円安傾向が価格に反映され始めたAmazonのAlphaを救うラストチャンスを見計らって。ラ・プティット・バンドの新しいチェンバリスト、バンジャマン・アラール氏の演奏は鉄板である。

+ + +

そろそろ覚悟を決めてNMLに入ろうかと思います。
by Sonnenfleck | 2013-02-23 09:29 | 精神と時のお買い物
<< 尾高忠明/東京フィル 特別演奏... on the air:井上道義... >>