熱狂の復習―5月3日(金)その2|その男、凶暴につき。

c0060659_18182040.jpg【162】5/3 1200-1300 G409〈アポリネール〉
●ショーソン:Pf三重奏曲ト短調 op.3
●ラヴェル:Pf三重奏曲イ短調
⇒トリオ・ヴァンダラー


LFJ常連のトリオ・ヴァンダラーの演奏を聴くのは、記憶が正しければ、意外にもこれが初めてではないかと思う。

曲順が変更され、ショーソンのトリオから演奏されることになったが、この60分間の最大の山場が第3楽章にポジショニングされていたのは僕にとってはとても嬉しいことだった。鬱勃とした(しかしあくまでも高貴な)エネルギーが、光線や空気の加減によってちろちろっと燃えたり、ぎゅわーっと外側に放射されたりするこの第3楽章。

ちょうどチェロ側の真横から彼らを眺めるような席に座っていると、ヴァルジャベディアン(Vn)とピドゥ(Vc)が、もはやアイコンタクトでも、呼吸でもなく、互いが身体を動かす気配みたいなものをアインザッツに用いながらアンサンブルしているのがわかり、あらためて常設のベテラントリオの演奏に慄然といたしました。

【163】5/3 1330-1415 G409〈アポリネール〉
●スカルラッティ/グラナドス:ソナタ3曲(当初プロから変更あり)
●ドビュッシー:《版画》
●ファリャ:クロード・ドビュッシーの墓碑銘のための讃歌
●グラナドス:組曲《ゴイェスカス》~〈ともしびのファンダンゴ〉〈嘆き、またはマハとナイチンゲール〉〈わら人形―ゴヤ風の情景〉
⇒迫昭嘉(Pf)


ちょうど眠りが訪れやすい時間帯で、迫氏には申し訳ないなあと思いながらうとうと。しかし気持ちがいい。これもLFJの醍醐味のひとつなのだよね。

見事なスペインプログラム。〈グラナダの夕べ〉が入ったドビュッシーの《版画》から、その〈グラナダの夕べ〉が全編にわたって引用されるファリャへの流れはかなり鮮やか。迫氏のタッチはたいへん端正でアカデミックなものだから、一度ちゃんとしたホールでお聴きしたいです。
なお楽しみにしていたグラナドス編曲版スカルラッティは、もっと物凄くかたちが変わっているのかなあと思いきやさにあらず。どうも和音が厚くなったりしているようなんだけど、あまりよくわからなかった。

【164】5/3 1500-1545 G409〈アポリネール〉
●トゥリーナ:ファンダンギーリョ op.36
●タンスマン:マズルカ
●ファリャ:クロード・ドビュッシーの墓碑銘のための讃歌
●トローバ:ギター・ソナチネ~第1楽章
●サマズイユ:セレナード
●ルーセル:《セゴビア》
●ヴィラ=ロボス:12の練習曲~第8番、第7番
●トゥリーナ:《セビーリャ幻想曲》op.29
○マラッツ:《セレナータ・エスパニョーラ》
⇒鈴木大介(Gt)


G409という部屋はスタインウェイのコンサートグランドや弦楽合奏にはあまり向かないのです。ここはリュートとギターのための親密な空間。ひとつ前の公演で休息できたのと、大介さんの熱さに触れて一気に覚醒したのだ。

大介さんの録音で「Francaise」という素敵なアルバムがあって、実はiPodのなかに忍ばせてあるんだけれど、この公演はこのアルバムの選曲と重なるところが多かった。アルバムに副題を付けるとしたら「Francaise|パリのスペイン」かな。

冒頭のトゥリーナとタンスマンがライトでドライでとても佳いなあと思っていると、次のファリャ(奇しくもひとつ前の迫氏の公演でも取り上げられた!)のしごくエロティックな佇まいがハートをぐさり。濃密な夜の大気。ピアノのファリャとギターのファリャはなんでこんなに違うのか。。しかし大介さんがおっしゃるとおり、ファリャはこれ1曲しかギター作品を残さなかった。。

45分間のコンサートだったけれど、大介さん自ら「(このあとのカニサレスたちとの公演があって)テンションが上がりまくってる」と語るとおり、正味30分くらいでプログラムが終わってしまった。この方はああいうキャラクタなので、とぼけた味わいで今回のプログラムを解説をしつつ時間を上手に使い、最後にやっぱりスペインのアンコールで〆。

【165】5/3 1630-1715 G409〈アポリネール〉
●メシアン:《鳥のカタログ》~〈ダイシャクシギ〉
●フィリップ・ルルー:《AMA》
●ブーレーズ:Pfソナタ第1番
●ユーグ・デュフール:《穏やかな海》
⇒ユーリ・ファヴォリン(Pf)


硬派なプログラムゆえ、さっきのギターとはずいぶん客層が変わって、挙動不審テイストの熱いお客さんが多い(気を張らなくて済むのでこっちも気が楽)

ところが残念なことに本日2度目の深い睡魔が訪れてしまい、ブーレーズまでほぼ撃沈。ファヴォリン君、ブーレーズは暗譜だったな。。

で、目が覚めて耳を傾けることができたのは、スペクトル楽派のデュフールが作曲した《穏やかな海》。和音の塊が整然と並び、寄せては返す波のように空間を満たしていく作品です。波のかたちにひとつとして同じものがないように、音塊は微妙にその質量やきらめきや濁りを変えつつ寄せてくるわけですが、なんとなくブライアン・イーノみたいな静かな感覚もこちらの受容器に伝達されてきた。もちろん時折、ひどく禍々しい波も来るので、油断はできない。

+ + +

ここで本日やっと、ガラス棟4階を下りてD棟へ。ホールD7はアクセスの悪さと冷え冷えとした内装(こういうプログラムだとよくマッチするけど)を除けばいちばんまともな会場だと思います。小会場だと次点でホールB5。

【155】5/3 1800-1845 ホールD7〈メーテルリンク〉
<"20世紀パリ:音楽の冒険(Bプロ)">
●ドビュッシー:Vcソナタ ニ短調*
●ブルーノ・マントヴァーニ:《ハンガリー風に》**
●ブーレーズ:《アンシーズ》***
●ドビュッシー:Vnソナタ**
⇒アンサンブル・アンテルコンタンポラン
 ディエゴ・トシ(Vn **)
 ピエール・ストローシュ(Vc *)
 ディミトリー・ヴァシラキス(Pf * ** ***)


中野振一郎氏のモダンチェンバロももちろんサイコーだったのだが、この日はおしまいにもうひとつサイコーが。アンサンブル・アンテルコンタンポラン(EIC)のピアニスト、ディミトリー・ヴァシラキスとの出会いである。

最初のドビュッシーのVcソナタは、ストローシュのソロをすぐ間近で聴いたんですが、どうにも雑でこなれてない。今回これ以外の公演でも同じような場面にいくつか遭遇したんだよね。EICの音楽家たちのなかには、1950年以前の作品を、様式を十分に捉えないまま恣意的に弾いてしまう癖があるひとが少なくないように見受けられました。単純に演奏のチャンスが少ないからだろうと思う(Vnソナタもちょっとそういうところが見受けられた)

このコンサートの最高の収穫は、ちょこちょこっと入場し、全曲を易々と弾いてひらひら~と去っていった超絶技巧の名手・ヴァシラキスを知ったこと。
1967年アテネ生まれのヴァシラキスは、1992年からEICのピアニストを務めていて、むろんドビュッシーの深淵から照り返すようなタッチをフツーに再現しつつ(やっぱりエマール先輩と同じにおいを感じますね)、ブーレーズ作品なんかお茶の子さいさいで弾いてしまう。
彼の打鍵の軽やかさとしなやかさ、音色の美しさと音楽の要請に応える適確さには、ただただ唖然とするばかりで、ファヴォリン君のデュフールだってなかなかのものだったけど、ヴァシラキスの前ではオトナとコドモという感じもしてしまう。《アンシーズ》が、強烈な色彩と粒立ちで目前に展開していくのを聴く幸福。ああ幸福。

+ + +

5月4日(土)に続く。
by Sonnenfleck | 2013-05-06 18:21 | 演奏会聴き語り
<< 熱狂の復習―5月4日(土)その... 熱狂の復習―5月3日(金)その... >>