廻る廻るバトンは廻る・その2

はろるどさんから「Reading Baton」をいただきました。「Musical Baton」と同じスタイルの企画です。それではさっそく。

■質問1:お気に入りのテキストサイト(ブログ)
→「Favorite Links」に登録させていただいてるブログ、ほぼ毎日拝見してます。そして「六国峠@ドクター円海山の音楽診療室」さま、、わたくしめは「クラシック招き猫」草創期からのあなたのファンです…。

■質問2:今読んでいる本
→カフカ『城』(新潮文庫)。なかなか読み進められませんです。

■質問3:好きな作家
→基本的にフィクションしか読まないので、偏りまくりっす。以下順不同で。
 まずゴーゴリ、チェーホフ、ブルガーコフ。外せません。日本人では泉鏡花、三島由紀夫、森鴎外、森茉莉、森博嗣。
 全員華麗な文体の持ち主ですねえ。

■質問4:よく読むまたは、思い入れのある本
→冊数制限がないので、勝手に5冊に絞り込みました。これも順不同です。
(1)ミハイル・ブルガーコフ『巨匠とマルガリータ』(群像社ライブラリー)
〜ソヴィエト・アヴァンギャルドの夢。生涯座右に置いておきたいです。
(2)三島由紀夫『天人五衰』(新潮文庫)
〜当ブログの名前はここから。お恥ずかしい。ラスト数行の何たるパワー。
(3)泉鏡花『草迷宮』(岩波文庫)
〜この異常な美は誰にも真似できない。『高野聖』と迷いましたがやっぱこっちで。
(4)ニコライ・ゴーゴリ『死せる魂』(岩波文庫/品切れ)
〜『鼻』も『外套』もいいですけど…ここにはゴーゴリの全部が詰まってます。未完がなんだ。
(5)森博嗣『スカイ・クロラ』(中公文庫)
〜砥石本。

■質問5:この本は手放せません!
リチャード・ブローティガン『西瓜糖の日々』(河出文庫)
 何かにつけて読み返してしまいます。なんでだろうなあ。あの閉鎖的な世界がたまらない。

■質問6:次にバトンを渡すヒト3名
→「Musical Baton」のときと同じように、ここで勝手にゴール。はろるどさんごめんなさい!
by Sonnenfleck | 2005-06-28 22:02 | 日記
<< 水無月晦日/ミャスコ シュトックハウゼン来日記念演奏... >>