さよならおうち

c0060659_21203821.jpgそもそもどうしてこんな変な時期に帰省しているのかといいますと、実家の引っ越しを手伝わさせられているんですね。生まれてから東京に出るまで暮らした家が自分のものでなくなるというのはちょっと切ないです。

実家なんていうのはだいたい「必要ないけど取っておきたい」物どもの巣窟なわけで、引っ越し用段ボールに入れるのかゴミ袋に突っ込むかという判断作業だけでものすごい葛藤の嵐。。そしてさらにお約束の重労働が待ちかまえています。実家は二階の押入から天井裏に上がれるんですが、僕と同じで優柔不断な両親は捨てられないものを天井裏に突っ込むことで「保管」しており…この熱いさなかに断熱材を踏み抜かぬよう気をつけながら梁の上を這って渡ってそれらをサルベージ~という曲芸をせねばならず。モロに腰と背中にきましたです。こんなざまで北海道に行けるのか。
しかしスケジュールはいよいよ佳境。明日にはPCも梱包されて搬出されてしまいます。

引っ越しといったら名作『ちいさいおうち』
by Sonnenfleck | 2005-07-28 21:30 | 日記
<< フンデルトヴァッサーの残像 シェルデ河畔@電脳 >>