釧路湿原/クラヲタ日焼け編

c0060659_19394947.jpg

待ちに待った晴天!さっそく湿原に繰り出しました。今日の目的地は、昨日のコッタロエリアのずっと手前にある達古武沼(たっこぶぬま)周辺。舗装道路と展望台が整備された立派な「観光地」ですが、気持ちいいのには変わりない。今日はよく歩きました。上の写真、いかにも涼しげに見えますけど、日差しのきつさはやっぱり八月。かなりジリジリ灼かれました~。

さて哀れむべきは、知らない街に来ると中古CD店の看板をつい探してしまうクラヲタの性。
さっそく釧路駅前で発見した一軒の古本屋に入ってみます。少し前にBMGからまとめて再発されたオーマンディの廉価シリーズ(マンフレッド交響曲とか)、ロジェヴェンのブルックナー4番(通常版と、シャルク改訂版をさらにマーラーが改訂した珍バージョンのカップリング)など面白げなものが棚に並んでおりましたが、その中に前々からほしかったクレンペラーのワーグナー管弦楽曲集を発見。かなり安価だったので買ってしまいました(ー_ー;)TESTAMENTのウィーンフィルBOXが買えない欲求不満もこれで解消!

今夜も釧路泊。明日は旭川経由で富良野に向かいます。
by Sonnenfleck | 2005-08-04 19:39 | 日記
<< 晩夏の始まり 釧路湿原/爆走チャリンコ編 >>