イサム・ノグチ展@札幌芸術の森美術館

c0060659_19352897.jpg

イサム・ノグチ(1904-1988)の遺作のひとつとなった設計プランが、札幌の《モエレ沼公園》のデザインであります。若い頃から「遊び場」のデザインを夢見ていたノグチが、札幌市の公園造成計画に興味を示したのは当然のことであったでしょう。でもノグチ自身はマスタープラン完成後ほどなくして亡くなり、プランを引き継いだ札幌市が造成に努めてきた結果、今夏ようやく公園の全体が完成。それを記念して、現在札幌芸術の森美術館でイサム・ノグチの特別展が開かれています(九月からは東京都現代美術館で開催)。

本展はノグチ作品のなかでも主に「空間演出(あるいは創造)」と関係の深いものが出品されており、作品数は少ないものの見応えがあります。
目玉は香川のイサム・ノグチ庭園美術館から空輸された《エナジー・ヴォイド》(1971-72、黒花崗岩)。香川では蔵のなかで密やかに展示されているこの作品が、札幌では白昼、美術館前庭の池のなかに水上展示される。黒光りする巨大な環が夏の陽光を浴びて佇むさまは、偉大な鈍重さと停止する時間の静けさを感じさせて、異様な存在感を示しています。でもこれ現美ではどうやって展示するんだろう??

その後、件の《モエレ沼公園》に移動。最寄りの地下鉄駅からバスで30分もかかるド郊外にあるんですが、苦労して行った甲斐はありました〜♪
写真は、公園内の巨大な築山「プレイグラウンド」を下から見上げた図。頂上の人影を見れば、どれくらい大きな構造物かおわかりいただけると思います。噴水やガラスのピラミッド、そして独特な形態の遊具を備えたこの「空間=彫刻」には、ランドスケープを創造するという困難で贅沢な課題を楽しみきったノグチの刻印が確かに刻まれています。
(そういう文脈で考えれば、萬来舎のノグチルームを「破壊」した慶應義塾の蛮行はやはり断罪されるべきだろう。空間そのものを作品としてとらえる考え方は彫刻家ノグチにあって当然のものであったと思う。僕は移築される以前のノグチルームを見学したことはないんですが…)

あたりを飛び交う鮮やかなウルトラマリンのイトトンボがかわいらしくて切ない。そろそろお盆だなぁ。
by Sonnenfleck | 2005-08-08 19:35 | 展覧会探検隊
<< 21ノット/旅の終わり 北端踏破セリ >>