神になった怪物

c0060659_1972218.jpg浦沢直樹の「MONSTER」(日テレ・火曜24:50〜)。
一年半続いたこのサスペンスも、ついに来週、最終回を迎えることになりました。原作が好きなので見続けてきましたが、ここ数回の放送は本当に神懸かっている。浦沢直樹によるもともとのプロットの巧みな造りもさることながら、それを忠実に再現し(作者が出したアニメ化の条件は「一切の改変をするな」だったらしい)さらに映画のような演出を加えることで、到底アニメとは思えない深沈たる世界が展開されています。残酷な描写が多いので深夜枠は仕方なかったんでしょうけど(しかも巨人戦延長の余波を食らってばかりで放送時間はフラフラ変動。シーズン中はよく泣かされた)、もっと多くの人に視てもらいたかった。日本のテレビ史上に残る作品です。2ちゃんねらっぽく書くと「ネ申」です。次は「20世紀少年」の映像化に期待。

電車男のヒットで「アニメ=萌え」が急速に一般化しちゃってますが、この「MONSTER」によって、どうやら事はそう単純ではないっていうことに気づかされましたですよ。クラシックがお上品で表面的で美しい曲ばかりじゃないのと同じように、人間の醜さ・恐ろしさ・哀しさを表現した深夜アニメもあるってことです。原作のあの衝撃的なラストは、どう描写されるのか。待て次週。

* * * * * *

かたや琴ユーロ、怒濤の11連勝。こなたブログ、8連敗ののちようやく3勝目。頑張れ。そしてドルジがまさかの2敗目。彼らしくない迂闊な攻めでしたよ。もしかして焦ってるっすか?御大将?
by Sonnenfleck | 2005-09-21 19:13 | 日記
<< ひと息つくときのセヴラック チェレスタ弾き振りは不可能か。 >>