黒船キタコレ。

c0060659_2323243.jpgコンサート・ゴーアー必須の書。コンサート情報誌といったら『ぶらあぼ』ですよね。この牙城はそう簡単には崩れんでしょう。部数が少ないのが難点だけど(発行日翌日なんかでも下手すると「もう『ぶらあぼ』終わっちゃったんです〜」とやられる)、、あれはもし有料化されても僕は買い続けますよ。ないと困る。

ところが。
今日東京文化会館に行ってきたんですが、カウンターに見慣れぬ無料情報誌があるので手に取ってみると、これがとんでもない内容。クラシック・ジャパン社が発行する新しいコンサート情報誌『TICKET CLASSIC』は、これまでいくつかあった『ぶらあぼ』タイプの無料情報誌とは比べものにならないほど「読むところが多い」のです。
基本的にはその月の注目公演をピックアップした記事が多いんですが、執筆陣に堀内修・諸石幸生・鈴木淳史を始め、黒田恭一、そしてわれらが宇野功芳大先生☆にまでお出ましいただいて、なんとタダ。電車の中で読んでもあんまり恥ずかしくないシンプルな表紙に(でも今月号は潤んだ目をしたメータのどアップだね…)、日付順にページレイアウトを行った斬新なコンサート情報コーナー。紙質はペラペラで電話帳みたいな感じなんですが、それでもカラーページが全体の4分の1を占め、全300ページで、タダ。しかも今月号は大野和士やマイスキー、アファナシエフなんかのインタビューまで気前よくぽんと載っけてあるんですよ。採算取れてるのか??ていうかこれがタダだとオントモとかやばくないですか??

クラシック・ジャパン社公式ブログ。
クラシック・ジャパン デイリー・ニュース
(だいたいクラシック・ジャパン社も、業界初の365日無休・手数料送料一切無料のチケット発券サービスを提供し始めたすげえ会社です。ひええ)
by Sonnenfleck | 2005-10-02 23:39 | 日記
<< CPE...は魅惑の三文字 鈴木秀美・バッハ無伴奏チェロ組... >>