ブロムシュテット/N響:満ち足りる。

【2006年2月8日(水)19:00~ 第1561回定期公演/サントリーホール】
●モーツァルト:Pf協奏曲第23番イ長調 K. 488
→ラルス・フォークト(Pf)
●ブルックナー:交響曲第3番ニ短調(第1稿)


久しぶりにN響B定期へ突撃です。
全日空ホテルと森ビルから吹き降ろしてくる暴風にぶるぶる震えながら当日券窓口に二時間並びますが、こうでもしないと聴けないなんて最低ですよ。どうしてN響はサントリーの定期にまともな当日券枠を設けなかったんだろう!(...「売り切れ」のくせに大いに目立つ空席、それに「惰性なんじゃよ儂ぁーだから寝るぞぃー」みたいな定期会員サマのなんとまあ多くいらっしゃること。ぶつぶつ。)

二月の定期には名誉指揮者のブロムシュテットが客演。
先々週のA定期ブラームスのVn協奏曲と第1)はFMの中継で聴いたし、実は先週のC定期モーツァルトの第34番と大ハ短調ミサ)はNHKホールまで聴きに行ってるんですが、何かとてつもなくすごい演奏が展開されているのはわかるものの、その理由がどうしても掴めないので感想は書かずにきたし、他の方の書かれた感想もあえて読まずにきました。
それで今日の演奏を聴いてブロムシュテットの秘術がわかったかというと、やっぱりわからない。この指揮者のやっていることは安易な比喩とは正反対のところにあるのだろうなあ…ということがぼんやりと理解できたくらいです。いつも卑近なたとえ話でお茶を濁している人間には難しいわけだ(^_^;)

軽くいきます。

前半は、今や大人気の若手ピアニスト、フォークトのソロを初めて聴くことができました。自由に歌ってテンポを揺らすし、第2楽章のシチリアーナなどでは独特のもったりとした優雅なレガートが特徴的。いいですね!清楚に引き締まって響くオケと併せて(2ndVnがすばらしい)、久しぶりにモダンでいいモーツァルトを聴いたなあという満足感。

後半のブル3は、通常よく演奏される第3稿ではなく、第3稿よりずっと長くて、しかもワーグナーからの引用がそのまま残っている(らしい)第1稿での演奏。
…んんん!N響の音がいつもと違う!ブロムシュテットの練習はかなり厳しいという噂を耳にしていましたが、今日の公演では「一箇所へ向けて迸り出る音」の「発音のタイミング・質・量を統一すること」が、基本中の基本ながら最高に重要だということに改めて気づかされましたですよ。このタイトで清純な響きは地道で愚直な作業から生まれているんだろうなあ。。速めのインテンポがよく揃っていたのもきつい練習の成果でしょう。
さらに、ブロムシュテットがやっている面白いことのひとつが、Vnを対抗配置にするだけじゃなく、1stと2ndの人数を同じにすることなんですよね。2ndのみなさんの大きなアクションは常ならぬ様子で、気合入りまくり。僕は今日Pブロックに座ったんですが、2ndとVaのf字孔がこちらを向いているせいなのか、内声がびゅんびゅん飛んできてものすごく面白いことになりました。第4楽章の冒頭など、響きの煉瓦がパートごとに積み重なっていく様子がまるで目に見えるように聴こえてきましたですよ(変な表現ですが)。
オンとオフ、ppとffとを瞬時に交替させる技術がブルックナーでは絶対に必要ですけど、今回はそうした当たり前がけっしてなおざりにされておらず、むしろ高い完成度で提示されていました。当たり前をそのままにしないのがこの指揮者のすごいところなんだろうなあ。ここ何年かのN響定期の中ではもっとも充実した演奏のひとつだったと思います。
(*文章のテンションは低めですが、とても満ち足りた気分です。この人は、そういう感動を与えることができる指揮者なのだろう。)

* * * * * *

伊福部昭氏が亡くなられたそうです。つい今しがたニュースサイトで知りました(こちら)。
巨星堕つとはこのことか…。合掌。
by Sonnenfleck | 2006-02-09 01:25 | 演奏会聴き語り
<< チチコフ、帰る。 on the air:ノリント... >>