鉱物と音符の交わるところ

c0060659_2331964.jpg帰宅@ずぶぬれ。

道中聴こうと思って持っていったのが、プロコフィエフ最晩年のバレエ音楽《石の花》であります。
昨年くらいから大型店の店頭にメロディアの純正品がちょこちょこと並び始めていたんですけど、このたび新サイトも登場するにおよび、ついにメロディアも十数年の低迷を乗り越えて復活か!という状況。しかしその陰で RUSSIAN REVELATION や RUSSIAN DISC などのメロディア音源のライセンスを取って発売していたロシア系の謎レーベルは一時期の高値が嘘のように値崩れしてしまい(レコード店としては一気に売り切ってしまいたいのだろうか?)、このロジェヴェン盤もそこを狙って買い込んだ中の一枚。

地味でつまんなそうな題名じゃないですか。石で花ですからね。《ロメオとジュリエット》みたいなオサレな語感には全然かなわない。…でも、これを聴かずにクラヲタ人生を終わらせるのはあまりにももったいない、そんな逸品なのですよ。
若い石工がウラルの鉱山で石の結晶を見つけ、念願の石の花を彫り上げる。銅山の女王に魅了される石工だったが、最後は恋人の助けで地上へ生還しハッピーエンド。
ソ連っぽい安直な台本はこのさいどうでもよく、ただ耳を傾けるべきなのは、いつもよりさらに明るくて楽しく、そしてとにかく切ないプロコの音楽。20世紀最高のメロディストの面目躍如っすよ。さらにそれだけじゃなく、自己破壊的な音響の名残が部分的に残っているのも萌えポイント高し。なによりこんなにエキゾチックな方向に舵を切ったプロコなんてほかに知らないんですよ。チャイコの西洋@二度漬け@露西亜風味が胡散臭く思えたら、今度は《石の花》のアヴァンギャルド民族舞踊でヴァーチャルにウラル散策。
by Sonnenfleck | 2006-03-02 00:53 | パンケーキ(20)
<< 哀愁の旧モガ、ベベベンベン。 西向くサムライβ版 >>