哀愁の旧モガ、ベベベンベン。

NHK教育でやってる「趣味悠々」。
多岐にわたる趣味の世界を覗くことができていつもぶったまげておるのですが、いま放送中の「大正琴で弾く!」もまた面白い。これって「大正琴『を』弾く!」じゃないのがミソで、、古賀政男しか弾いちゃいけないような感じの大正琴でも《大きな古時計》や《きよしのズンドコ節》が弾けるのよっ、というアピールなんでしょう。でもやっぱりアダルトで茶柱な雰囲気を楽器全体から漂わせてるのが微笑ましいところです。(ゴドフスキ作曲《超絶技巧大正琴練習曲集》とかあればね、、話は別ですが。)
そうしたイメージを吹き飛ばすためなんでしょうか、金髪カツラかつアニメ声かつ和装というトンデモねえちゃんが生徒役。…いつもながらのNHKらしい似非親しみやすさの表われかと思いましたが、実はこの山崎バニラという人は大正琴やピアノの弾き語りで活動写真の弁士をやるという異色の人物でありました。周到な人選。

3月15日放送回の「ジュピターでアンサンブルに挑戦」という予告を見て、ここでも誰かさん@250歳かよぅ…しかも大正琴アンサンブルで??と一瞬当惑。しかし、ああ違う平原綾香の《ジュピター》だよなとひとりごつクラヲタ、咳をしてもひとり。風邪か。
by Sonnenfleck | 2006-03-03 00:52 | 日記
<< 王の24人が軽くスキップ☆ 鉱物と音符の交わるところ >>