日本沈没\(^o^)/

「通信・放送の在り方に関する懇談会 報告書」(PDF) [2006年6月6日]

現行のNHKの8チャンネルは(中略)明らかに多過ぎると考えられる。
(中略)
FMラジオ放送については、民間のFM放送や音楽配信サービスが普及している現状では、多彩な音楽番組の提供という公共放送としての役割は既に終えたものと考えられる。従って(中略)2011年までに停波の上、速やかに民間への開放等の措置を取り、視聴者が多様な放送を享受できるようにすべきである。


恐るべき虚脱感。衛星放送もひとつにせえやコラとの言い。
懇談会、、どのチャンネルを減らすかアミダで決めたのではないか。
それにしても

通信・放送の在り方の再検討に当たっては、以下の三つの観点から取り組むことが重要である。
第一は、一般利用者の観点である。(中略)
第二は、競争力の強化と事業展開の多様化という観点である。(中略)
第三は、ソフトパワーの強化という観点である。(中略)日本は、アニメ等のポップカルチャーや様々な伝統文化といったソフトパワーの源泉を有しており、その顕在化にはコンテンツ制作力の強化と情報発信力の充実が不可欠であることから、通信・放送業界にかけられる期待は一層大きいと言えよう。


「第三の観点」が特にアホっぽいですな。
GWに10時間もアニソンリクエスト番組をやったり、毎日義太夫や長唄を流してるのはどこのチャンネルなんでしょうか。「半笑い『真剣』しゃべり場」たる民放FMが、NHK FMの消滅で亡命してきた哀れなクラ難民を救ってくれるのでありましょうか。TOKYO FMはゴールデンタイムに枠を設けてムジカ・ノヴァ・ヘルシンキのオール・サーリアホ・プロなんか放送してくれるんでしょうか。…否がゲシュタルト崩壊。これは渋面だ。
by Sonnenfleck | 2006-06-07 22:54 | 日記
<< カミサマを乗り越えることはできない 16ビットのテレマニアーナ >>