訃報二題、あまりに人間的な。

多年に亘って「前衛」を背負ってきた音楽家が二人、相次いで鬼籍に。

現代作曲家、ジェルジ・リゲティさん死去(asahi.com:2006年06月12日)
指揮者の岩城宏之さん死去 エッセーでも活躍(asahi.com:2006年06月13日)

リゲティ。
自分は模範的な聴き手ではなかったけれど、
初めて《ロンターノ》を聴いたときの感動は今でもはっきりと覚えています。
あの美しさは、どうも他にはない。
岩城宏之。
これは本当に、、嘘のようです。
いつまでも日本のクラファンと一緒にいてくれそうな気がしていた。

合掌。
by Sonnenfleck | 2006-06-13 21:14 | 日記
<< 出張マングースに手を焼く 楽しいときは疾く過ぎ去る◆その2 >>