一つは一つより楽しい思い

c0060659_21342866.jpg晩飯を食べていてふとノルシュテインのことを思い出しました。気になって調べてみたら、どうやら《外套》第1部が本当に完成間近らしいのですよ。これまで何度も「完成」の噂が流れたけど、今回こそは本当のようです(こことか)。

ロシア随一のアニメーション作家、ユーリ・ノルシュテインですが、ゴーゴリの《外套》アニメ化に対する彼の情熱(偏執)は並ならないものがあり、製作開始から20年が経ってもいまだ完成を見ず。モノクロームの世界、切り絵を動かすようなあの独特のパサついた質感、そしてにもかかわらずウェットな動きは、一度見ると忘れられないですが、、あれは確かに時間を気にしていてはできない業。

何年か前に公開された《外套》プロトタイプは、件の第1部を10分強にまとめたダイジェスト版でありましたが…見たこともないような描画にとにかく釘付け。上にupしたような画像がしんなりと動いて、ペテルブルクの暗い夜を、アカーキー・アカーキエヴィチのささやかな食事を、そして写し物に恍惚とする彼の小さな幸福を描くのですよ。そこから滲み出す苦味と切なさを見ていると、感性の動きを表現するメディアとしてのアニメはもっと素直に信じられてもいいんじゃないかと思う。

そしてなんとBGMに、ショスタコの弦楽四重奏曲第7番(全曲)。両端楽章の辛辣な笑いと第2楽章の悲惨な美しさが、これから外套に翻弄されることになるアカーキー・アカーキエヴィチの運命と寄り添い、なんとも言えない繊細な哀愁を漂わせています。
これはあくまでプロトタイプのための特別な措置であり、完成版には別のBGMが付くのだろうけど、アニメのほうが曲の長さに合わせて抜粋されているのを考えると、、ノルシュテインのセンスにはひれ伏すしかないし、この神懸り的コラボが埋もれるのはあまりに惜しい。DVD化の暁には初回特典映像でぜひ!…気の早いクラヲタは、ボロディン四重奏団の旧盤(CHANDOS)でベリンスキーのチェロに痺れろ!
by Sonnenfleck | 2006-06-29 22:19 | 日記
<< オトコ香るヨッフム 指揮者なしのミニマル >>