対iPod戦争の経過

iPodの中身を夏仕様にしました。
デュトワ/モントリオールの《ダフニスとクロエ》、ヴァンスカ/ラハティのシベ6あたりを入れて、代わりにちょっと暑苦しい《エロイカ》とかショスタコにはご退出いただく。
ところでiTunesには再生回数順に25位までランキングをつけてくれる機能があるんですが、ふと思い立って表示させてみますと…

1~6位 バッハ:《クリスマス・オラトリオ》第1部前半(ヤーコプス)
7位 バッハ:《ゴルトベルク変奏曲》アリア(ロス)
8位 バッハ:《ゴルトベルク変奏曲》第1変奏(ロス)
10位~11位 バッハ:《クリスマス・オラトリオ》第1部後半(ヤーコプス)
12位~14位 ストラヴィンスキー:3楽章の交響曲(ショルティ)
15位 バッハ:《ゴルトベルク変奏曲》第2変奏(ロス)
16位 バッハ:《ゴルトベルク変奏曲》第3変奏(ロス)
17位 バッハ:《ゴルトベルク変奏曲》第4変奏(ロス)
18位 ストラヴィンスキー:ハ調の交響曲-第1楽章(ショルティ)
19位 バッハ:《ゴルトベルク変奏曲》第5変奏(ロス)
20位 バッハ:《ゴルトベルク変奏曲》第16変奏(ロス)
21位 バッハ:《ゴルトベルク変奏曲》第17変奏(ロス)
22位 バッハ:《ゴルトベルク変奏曲》第18変奏(ロス)
23位~25位 バッハ:《クリスマス・オラトリオ》第2部前半(ヤーコプス)

見事にバッハばっかり(笑)
まあ、バッハ2曲はトラックが細かく分かれてるからたくさんランクインするのは仕方ないんだろうけど、しかしゴルトベルクがいきなり第16変奏に飛んでるのがなんとも。
30個の変奏のうち、ただひとつ選ぶならどれにする?という問いがあったとすれば、間違いなくこの第16変奏@フランス風序曲を選ぶと思います。何せかっこいいじゃないですか。ここでのロスはかなり粘り強く豪奢に歌っているんですが、レオンハルトの刃物のようなタッチと比べると、これはまさしく広がりの勝利かな。

ヤーコプスのクリスマス・オラトリオとショルティのストラヴィンスキーには納得。凝縮ではなく発散、禁欲主義ではなく快楽主義です。iPodを聴くのは外を移動しているときだけなんですが、そんなときに大して好きでもない音楽を敢えて聴こうなんて思わんですよね。。「最近自分が原則的に求めているもの」があからさまに浮かんできてるのが、恐ろしい;;
by Sonnenfleck | 2006-07-29 11:53 | 日記
<< 家系シンパ ワレ行キ倒レ/ロマン夏 >>