Love and Soul of Toru Takemitsu_2

【2006年8月27日(日)19:00~ 愛知県芸術劇場・中リハーサル室】
“QUOTATION OF DREAM” 武満徹の映画音楽を、ジャズ・アレンジで。
...<休憩>
c0060659_20291065.jpg●《伊豆の踊り子》 ●《太平洋ひとりぼっち》
●《あこがれ》 ●《○と△のうた》(*歌詞翻訳:武満眞樹)
●インプロヴィゼーション~《狂った果実》
○アンコール 《日本の青春》
→鈴木大介(Gt)
  ブランドン・ロス(Gt, Vo)
  ツトム・タケイシ(B)


承前。
後半は、武満の有名な映画音楽作品を基にして「トリオ・ソナタ・イン・ジャズ」。だいたい以下のような感じであります。
まず鈴木氏かロスのどちらかがメロディを弾きながら、武満の書いた主題が提示される。いっぽうツトム・タケイシは、そのメロディを下から支えるようなラインを作りながら徐々に興奮して前面に出てくる。そのうち彼のベースが、あれ、、リズムを打ち始めた、、??と思うと演奏はいつのまにか展開部に突入しており、武満の音符が変容されたメロディ、それを基にさらに変容されたパッセージ、さらに...というように変容に変容が重なって元の旋律とはずいぶんかけ離れた響きになってしまう。しかし面白いのは、クラシックのように小節線で区切られ「はいここから第何変奏ね!」ということがないので、物凄く有機的な連続感が全体に溢れているということのようで。
ロスの扇情的な高音が鳴り、鈴木氏の美音と楽しそうな様子に見とれていると、ん??場面は最初の武満の主題に戻っている。聴いてる感じ、どうも節目節目にあるチェックポイントを目印に、その直前までどれほど羽目を外していても戻ってこられるような構成になっているのだと推測しますが、、それにしてもあの表現と自律とが全部演奏者のセンス次第なのかと思うと恐ろしくなりますね。ジャズすげえ。

⇒それが端的に現れたのが、最後の《狂った果実》への導入。
鈴木氏が舞台袖に忘れ物(*アロハなポルタメントを出すための指サック?)を取りに行っている間、ツトム・タケイシが激しいインプロヴィゼーションで時間をつないでいたのですが、そこへじっと座っていたロスと、袖から戻ってきた鈴木氏が合流し、自然にセッションが巻き起こる。そこまでは予想の範囲内なんです。
でもそれに耳を傾けていると、あれ…?いつのまにか《狂った果実》に移行してる。。大介さんはしたり顔でニコニコ笑ってるけど…全然気がつかなかったです。

+ + +

さて、順番が前後しますが《○と△の歌》英語版。
これだけは他の、ビターに変容された武満とは違って、ロスのヴォーカルがただ素直に、ストレートに、胸を締め付けるような切ないメロディを歌い上げます。没入型のツトム・タケイシもここでは打って変わって訥々と静かにベースを奏でる。軽やかに周りを舞う鈴木氏のギター。
…ああ。。しかし。あんなにぐずぐずに泣かされるとはなあ。。
3人の濃ゆいアンサンブル(互いが互いを聴いてる感じが音楽になって直接現れてくるのだから、とにかく濃密…)を聴いていた耳に、突然武満の優しいうたが流れ込んできたわけです。嗚咽を抑えるのに必死で、最後のほうはほとんど音が聴けなかったですよ。

そんな感じの最高にいい気分で。
スタジオの外は憑物が落ちたみたいに涼しくなっちゃってて、夏ももう終わりかな。
by Sonnenfleck | 2006-08-31 21:55 | 演奏会聴き語り
<< 優しいジロリアンのための嬉遊曲 intermission/現代松屋考 >>