オーケストラ・アンサンブル金沢 第25回名古屋定期

c0060659_1315047.jpg【2006年9月22日(金)19:00~ 愛知県芸術劇場】
<オール・モーツァルト・プロ>
●交響曲第25番ト短調 K.183
●Vn協奏曲第5番イ長調《トルコ風》 K.219
→バイバ・スクリッド(Vn)
●Pf協奏曲第21番ハ長調 K.467
→菊池洋子(Pf)
●交響曲第40番ト短調 K.550
  ○アンコール 不詳(ドイツ舞曲?コントルダンス?)
⇒井上道義/オーケストラ・アンサンブル金沢


もう一週間も経ってしまった。。

コンスタントに日本のオケを指揮する日本人のうち、そのコンサートに足を運べばまず間違いなく満足できると思う指揮者が二人います。一人は広上淳一であり、もう一人が今回の指揮者・井上道義。聴き逃せません。
この日のOEKは弦8-6-4-4-2で対向配置という「そそる」編成。指揮者が何をするか見たいので舞台すぐ左上のバルコニー席を選択しましたが…いきなりこの日の山が来てしまった。

まず驚きだったのは、ほぼ完全なノン・ヴィブラートを徹底していた点。
けっして膨らむことのない鋭い音が第1楽章第1主題の引きつるような音型を満たしますが、それは痩せた響きではない。むしろ対向配置によって全体に奥行が生まれ、ミッチーも積極的に2ndVnやVaの旋律を浮き立たせます(第2主題で心休まる旋律を担当する1stVnを限りなく引っ込ませて、低音の無機的な楽句を弾く2ndVnをかわりに物凄いテヌートで表に出すなど…楽しい処理が満載)。
そしてその嵐のようなテンポ。前につんのめるようにして次の旋律へ襲い掛かる攻撃的な拍感が表現主義的といえるようなうねりを生み出しており、、予想以上のカラフル&パワフルな25番にまずはKOです。

続く《トルコ風》は、ソロのスクリッドの完成度が高い。まあハーンは別格なのだとしても…音のきれいな若手がそう多くはない中で、彼女の音の(語弊を恐れずに言えば)「女性的な」滑らかさは貴重だと思われました。第3楽章で<トルコ風>に差し掛かる直前、および<トルコ風>後の「別のものが混ざったモーツァルト」の妖しげな風情が非常によかったですよ。音の独自性とその歌い口のセンスにおいて、エリザベートの覇者は伊達じゃないようです(音程は時折...)。
ここでのオケは先ほどまでのどす黒い表出性をはらりと脱ぎ捨てて、いかにも軽いロココな伴奏(ただし奥行感と風通しの良さは保持したままです)。

しかし後半最初のPf協奏曲第21番は、、逆にソリストによってすべてをスポイルされた格好でした。この菊池さんというピアニストは以前にもどこかの在京オケの定期でモーツァルトの協奏曲を聴いたことがあったんですが、その時と印象はまったく変わらない。この人は出す音のバリエーションが極端に少なくていかにも平板、異様にデジタルな印象を受けるんですよねえ。タカアンドトシなら「グールドか」と突っ込むでしょうが…狙ってやってるのかなあ。
今回は第2楽章など、伴奏が物凄い集中力でセンシティヴな音を奏でている最中にも一切お構いなく鍵盤を強打しまくり、ほぼ全編に渡ってスタカート+メゾフォルテというなかなか出会えない至芸を拝ませていただきました。有り難や南無南無。

さて最後の40番は、残念ながら前半のような風通しのよさが感じられない。
第1楽章からテンポが遅めで意外…冒頭のVaのリズムを浮き立たせていたのは面白かったけど、他のパートが各々勝手気ままに自己主張していて、厚塗り過ぎた(あるいは未整理な)ような気がします。井上氏の中でこの曲はやっぱり「疾走するなんちゃらには追いつけない」なのかなあ。個人的には残念。

んで尻すぼみな印象に終わるかなと思いきや、最後は「昔は名古屋は人も冷たいし、ホールもひどかったし、街もつまらなかった。でも今は日本に欠かせない。このオケもまた然り!」というクールなスピーチののち、アンコールへ突入。
帰るときに曲名の案内を見損ねたので正体は不明なのですが、モーツァルトの軍楽調のナンバー。最後は行進曲に乗って指揮者が退場→コンマス困惑、という仕立てで、、ミッチーのショーマンシップを見たです。それにしてもこの人の指揮姿はマジで格好いいのだよなあ。
by Sonnenfleck | 2006-09-30 01:34 | 演奏会聴き語り
<< ハーゲン四重奏団 岐阜公演 酸素2.0 >>