名古屋フィル 第329回定演

【2006年10月7日(土)16:00~ 第329回定期/愛知県芸術劇場】
<ショスタコーヴィチ生誕100年記念Ⅱ>
●交響詩《十月革命》op.131
●Vc協奏曲第1番変ホ長調 op.107
 ○アンコール ヴァスクス:《Vcのための本》~第2楽章〈ピアニシモ〉
→ソル・ガベッタ(Vc)
●交響曲第15番イ長調 op.141
⇒広上淳一/名古屋フィルハーモニー交響楽団


ショスタコイヤーの名古屋的〆は、第15番で。
第2や第3や第12ほどではないにしろ、生で聴く機会は滅多にない作品ですから、引っ越した先でこの曲の実演に運良く出会えた喜びはデカイ。。前回の生15は3年前の新日フィル定期…そう、あの時も指揮は広上淳一でありました!
井上道義/OEK・名古屋定期のエントリでも書きましたが、僕は日本人指揮者の中では井上氏と広上氏が双璧だと感じておりまして、前者が色彩感覚の人だとすれば、後者はリズム感覚の人かなと。特に広上氏は、作品の様式に適したリズムをオケに実行させる手腕に大変優れていると思う。どこのオケで聴いてもエッジの尖ったクールなリズムを聴かせてくれるので、非常に信頼しています。

感想はメインから書きましょう。
広上氏の要求は、まずはオーソドックスであると言える。3年前に彼自身が新日フィルで聴かせた、ソロ楽器の表情づけにおけるデフォルメは今回は消失しており、全体的に見れば速めのテンポでサラリと駆け抜けた印象。オケはつい2週間前コバケソに蹂躙されたばかりとは思えない冷静さです。
しかし彼の指揮は本当に的確で、タクトの先っちょを見ているとこっちのブレスまでコントロールされてしまいます(笑) やや心配された名フィルのアンサンブルも、第1楽章初めのほうで1stVnが揃わなかったり、第2楽章でTbソロの歌い方が寸詰まりだったり、第4楽章コーダ最後の最後でタムタムが暴発したりした他は概して満足のいく出来。特に第1楽章後半の熱っぽいうねりはやはりこのオケならではです。

ただし、第1楽章と第4楽章が興味深いことになっていました。
この作品は周知のとおり
■《ウィリアム・テル》序曲
■《ニーベルングの指輪》~〈運命の動機〉
■《トリスタンとイゾルデ》~前奏曲冒頭の三音
など開けっぴろげな引用があるんですが、今回広上氏は、これらの引用された旋律をそれぞれ「原曲らしく」弾かせるという処理をしていたように思うんです。
《ウィリアム・テル》はショスタコの地の部分より僅かに加速させることで浮き立たせて、〈運命の動機〉は滑稽なまでに重々しく、《トリスタンとイゾルデ》は甘いポルタメントで官能的に…そうすることで、これらが元来別の作品で使われていた旋律であるということが、あざといくらい明確に伝わってくるんですな。
第15番は、引用箇所もショスタコの地の部分と同じトーンで描かれる演奏ががほとんどじゃないでしょうか。当該部分に差し掛かってもテンポは動かず、音色も変わらない。それもショスタコ自身が設定した狙いなのかもしれないけど、一方で解釈の可能性として今回の広上流コラージュだって同じくらいあり得ると思うんですよね。初演されてまだ30年ちょっとの作品に複数の解釈が生まれてきているというのが面白い。

+ + +

さて前半、最初の《十月革命》は、タイトルさえついてなければ(笑) 今頃ヒットナンバーになっていたであろう逸品。初めて生で聴きましたが、やっぱり楽しい。途中で侵入してくるワルツへの切り替えが実に鮮やか、さらにショスタコ特有のユニゾン弦楽も分厚くキマってて、改めて広上氏の見事なオケドライヴと名フィルの馬力に感心します。

Vc協奏曲はソロのガベッタに大ブラヴァですね。
若干25歳で第2楽章をあれほど深沈と歌うことができるというそのキャパ…。文句のつけようがない素晴らしいテクニックは両端楽章で十分に披露されましたが、この曲は作品番号100を超えた晩年の作品であるということに聴き手をして思い至らしめる歌い口のセンス。これは実に非凡だと思います。
なおアンコールは、ラトヴィアの作曲家ヴァスクスのVc独奏曲から抜粋。なんとチェリストにヴォカリーズのパートが与えられており、彼女の美しい歌声を聴くことができました。都会的で静かで苦い、しかしひどく心を打つ美しい旋律…忘れがたい。
by Sonnenfleck | 2006-10-07 21:54 | 演奏会聴き語り
<< ANTWERP CENTRAL 四川再見@おいしい応援団 >>