「ほっ」と。キャンペーン

のだめカンタービレ第10話【通電...】

【2006年12月18日(月)21:00~21:54 東海テレビ】

前回に引き続いて、コンクールに挑戦するのだめ。原作のマラドーナ・コンクール編の山場「《ペトルーシュカ》+《今日の料理》」で見事にコンクールの壁に激突して散るのだめと、自分の道を着実に切り開いていく千秋。コンクールの暗い不条理と、明るく破天荒なR☆Sオケとの劇的な対比を巧みに描く第10話ということで、、来週はもう最終回?

コンクールの魔とR☆S的自閉
悠人くんは全国のお茶の間から呪詛を投げつけられていたことでしょう(笑) あの強烈な頭といい、敵意むき出しの発言といい、ママといい、1位なしの2位といい、コンクールの記号みたいな描写でしたね。《パガニーニ変奏曲》があんまり巧くなかったのも「2位」の演出か。。
しかしのだめが最後に千秋に言い放つ「でも、ダメだったじゃないですか」という台詞は本当に重い。作者が「クラシック音楽」とは切り離せない「コンクール至上主義」にどう向き合うか、、ネバーランドに閉じこもるだけではどうにもならないことはいずれ原作のパリ編で示されねばならないだろう。…まあここは「夢見る月9」なんですけどね。。

「じれったいから早く!」
高橋くんをここまで正確に再現するとは…何も言いますまい。GJ。真澄ちゃんもGJ(笑)

糸の切れた人形とは誰のことか
ついにストラヴィンスキーがお茶の間の主役になる日が!
でもクラヲタとして腹蔵なく書くなら、あの《ペトルーシュカ》+《今日の料理》にはちょっとがっかり。のだめの「切れてるラフマニノフ」や峰の「ロックな《春》」の再現をやってのけたスタッフ(とゴーストプレイヤー)ならもっと次元の高い融合ができたと思うんだけど、Excelで行を挿入したみたいに単純な演奏でした。ツェンダー版シューベルトのようなエゲツナイ変容を想像しておったのですが、、著作権が絡むと勝手なパラフレーズは許されないのかな。

今週のクラヲタポイント
・ハリセンの本棚に並ぶグラウト/パリスカ『新 西洋音楽史(上)(中)(下)』に刮目せよ。
by Sonnenfleck | 2006-12-18 23:42 | on the air
<< ランペ様のブラ全を聴け! 鬼も笑うしかない。 >>