しんとしてゐるランキング'06 <コンサート編>

もう年内は特に行きたいコンサートがないので、2006年に出かけた演奏会全36回の中から印象深いものをランキングにしてまとめておこうと思います。2005年はモスクワ室内歌劇場のショスタコーヴィチ《鼻》が第1位でしたが、、果たして今年は!(←出来レース。)

10位■T.フィッシャー/名フィルのショスタコ第12(9月)
→名フィルが本当によく鳴っていました。この指揮者はもっと注目されていい。

9位■スクロヴァチェフスキ/ザールブリュッケン放送響のベートーヴェン(11月)

8位■鈴木大介の武満徹《森のなかで》(5月)
→あの緊張感は実に忘れがたい。来年も追っかけますよ大介さん!

7位■アンサンブル・ノマド第30回定期「20世紀の古典主義」(3月)
→ウェーベルンの協奏曲とストラヴィンスキーの七重奏曲がクールだったなあ。

6位■大野和士/新日フィルのショスタコ第4(1月)

5位■鈴木雅明/バッハ・コレギウム・ジャパンの《マタイ受難曲》(4月)
→あのJazzyなオーボエ・ダ・カッチャは今でも不思議です。

4位■Love and Soul of Toru Takemitsu(8月)
→クールな気持ちで《○と△の歌》を聴くことはもうできなくなった。

3位■アルミンク/新日フィルの《火刑台上のジャンヌ・ダルク》(2月)
→2日連続で聴きに行ってしまった公演。オネゲルの真摯な美しさに心を奪われた。

2位■クリスティ/レザール・フロリサンの《レ・パラダン》(11月)
→衝動買い万歳。原始人が自動車を見たような、そういう類のショックを受けました(笑)

1位■アーノンクール/コンツェントゥス・ムジクス・ウィーンの《メサイア》(11月)
→そして伝説へ。

以下選外ながら印象に残ったもの。
○オーケストラ・ダスビダーニャの「本当にうるさい」ショスタコ第8(2月)
○ビオンディ/エウローパ・ガランテのモーツァルト(2月)
○ボッセ/名フィルのバッハ・プログラム(6月)
○広上淳一/名フィルのショスタコ第15(10月)
○ボロディン四重奏団のシューベルト&シューマン(10月)
○下野竜也/名フィルのブルックナー第5(12月)


均すとぴったり月3回の割合で出かけてますね…。年の後半にかけて自分の中ではどんどん古楽色(および声楽曲への親近感)が強まっていったので、もし東京にいたら近江楽堂とか新大久保のルーテル教会に通いつめることになっていたかもしれません。
来年はまず1月の終わり、ブリュッヘンのシューマンを聴くための上京が決定しています。5月のドホナーニ/北ドイツ放送響のブラームス@名古屋もけっこう楽しみ。あとは2008年、バレンボイム/ベルリン・シュターツカペレの《モーゼとアロン》は絶対に聴きに行くつもりです。
来年も素敵なインプットがありますように。
by Sonnenfleck | 2006-12-23 00:11 | 演奏会聴き語り
<< 世界的行事と名古屋的プレゼント 砂の女が死んだ >>