「ほっ」と。キャンペーン

のだめカンタービレ最終回【P席...】

【2006年12月25日(月)21:00~22:09 東海テレビ】

20時58分くらいからベト7に合わせて東海地方の天気予報が流れる。3ヶ月前の第1話放送時、ドキドキしながらチャンネルを合わせたところでベト7が流れ出したときは心から感激したものでしたが、今ではすっかり「はいはいベト7ね」と増長。テレビにクラシックが氾濫してるのが当然と思うようになっちゃってるんですね。これは恐るべき陰謀だ。
そんなわけで、月9放送終了とともに来週からはまた社会の日陰者に戻ります。そうだよクラヲタなんて阿漕な趣味だったじゃないか…。

土手上のツンデレ
僕は抱擁@土手のシーンがラストを飾ると思い込んでいたので、開始20分弱でこの場面になったのは意外でした。この「敗走→野田一家→のだめ復活→山場」という流れ、原作では思いのほか台詞が少なく、音楽もシューベルトだけに刈り込まれ、空気に独特の透明感があるのですが、ドラマ脚本では児童用リライトのように小奇麗に演出されてしまったのが少し残念。こういうときは泰西古典名曲のBGMが憎らしくなります。
それでも、いい雰囲気を遮ってのだめ父登場とか、普通のラブコメとしては十分すぎるくらいの高品質を保ってたとは思いますけどね。ちょっぴり感動してしまった自分が悔しい(笑)

今週の高橋くん
真澄ちゃんに縛り上げられながら見せた悦楽の表情に…ホンモノを見た。

サントリーホール
R☆Sオケのサントリー公演。シュトレーゼマンが正面入り口前の「金のかまぼこ」を横切るのを見て、あーマジであそこでロケを張ったのかと感慨もひとしおです。
1曲目のサラサーテから朝比奈に飛ぶような太いブラヴォが何本も聴こえてきたのは笑っちゃいましたが、役者さんたち、わけても玉木宏の指揮マネが本当に巧くなっていたので…斜に構えてもなお見ごたえのあるカットになってましたよ。初めのころ4拍子を律儀に振るだけの様子を見て落胆させられたのがウソみたいな。

今週のクラヲタポイント
・コンサートで頭を揺らしたり指揮マネをすると、いっせいに睨まれますので要注意(復習)
1月から始まるアニメ版の感想文なんか書き始めた日には、クラヲタとアニヲタの二重苦が確定です。でも結局月9は全話レビューしちゃったし、もはや毒も食らわば皿までか。。

11週間、おつきあいありがとうございました。とりあえずこれにて終演。
by Sonnenfleck | 2006-12-26 20:18 | on the air
<< しんとしてゐるランキング... 世界的行事と名古屋的プレゼント >>