本日の雪もペザンテ

c0060659_17421315.jpg

昨日から実家に帰省してます。名古屋を出発する時点ですでに雪だったので(!)冬らしさは幾分新鮮味を欠きましたが、吹雪いてるときの風の独特の匂いはやはり田舎ならでは。

実家に帰ったときはCDじゃなく進んでLPを聴くんですけど、今日は何やらプレイヤーの様子がおかしく、ターンテーブルが回らない。。
寿命かなと思いながらも恐る恐るプレイヤーを開けて、テーブル下のゴムをいじること四半時…。いつも音盤の神様に多額の寄付をして功徳を積んでいるおかげでしょう(笑)無事に回転してくれまして、思わず嬉しくてプレヴィン+コステラネッツの《ラプソディ・イン・ブルー》をかけちゃいました。
この曲の刷り込み演奏、何度聴いてもプレヴィンの鋭いピアノとコステラネッツ楽団の洒落た音に惚れ惚れする。このセンスの前ではバーンスタインはどうしようもなくトロいし、プレヴィン本人の後年の再録音ですら霞む感じです。CD復刻はされてるのかしら…。

さて予告していた2006年回顧・DSCH編ですが、下書きを名古屋のPCに入れたまま秋田に帰ってきちゃいまして。再構成するのも面倒なので、作曲家生誕101年を間抜けに祝うエントリとして年明けにUPしようと思います。。

さーて今夜も飲むぞっ。
by Sonnenfleck | 2006-12-30 17:42 | 日記
<< この世はいたって平穏無事なのだろう あやしうこそものぐるほしけれ >>