至高の下り坂といえよう。

c0060659_21585234.jpgわが実家は初売りも年始回りも絶対に行かず、しばしば初詣をも厭う出不精。年賀状を出しに行くのも面倒くさい。しかし今年は親父殿の「神棚のお札を燃やしてこい」という鶴の一声により、護国神社へ初詣に行って参りました。

ここの神社、1990年に今上天皇の即位に反対する者の手によって放火され、全焼してるんですよね。。
そのころ僕は神社の近くに住んでいたので、山が燃えるような様子には少なからず衝撃を受けましたが、、「この神社の性質」上、本殿その他すべてがたちどころに復旧してしまい…大変不謹慎ではありますがほんの少し鼻白む思いもしたもんです。

さて出不精を押してしぶしぶ参拝したためか、引いたおみくじは小吉。
「下り坂に台車を押すように楽な一年になりましょう云々」と書いてありましたが、それって良きにつけ悪しきにつけ弾みがついたらもう止まれないってことでは…?台車に乗せた荷物を落とすことのない一年にしたいと思います(^^;) ごろごろごろ。
ていうか今年一年が右肩下がr …うーむ。

そんなこんなで帰りに本屋に寄ったら、講談社現代新書の宇野功芳『クラシックの名曲・名盤』に、「のだめカンタービレでクラシックにハマった人へ/珠玉の名演はこれで聴け!」という帯がついてたので笑ってしまいました。諸人待たれよ…その道は棘の道なるに(笑)
by Sonnenfleck | 2007-01-03 22:04 | 日記
<< BuxWVを渉猟する 謹賀新年/誰もメータを信じない >>