「武満徹を聴く、武満徹をうたう」コンサート その1

c0060659_1592791.jpg【2007年1月5日(金)19:00~ 愛知県芸術劇場】
●《ムナーリ・バイ・ムナーリ》(1967-72) *Perc
●《ヴォイス(声)》(1971) *Fl
●《フォリオス》(1974) *Gt
●《サクリファイス》(1962) *Perc/Fl/Gt

●《小さな空》(1962/81)
★谷川俊太郎+加藤訓子 トーク ...

→加藤訓子(Perc)、鈴木大介(Gt)、木ノ脇道元(Fl)、
  合唱団ノース・エコー、谷川俊太郎


新年最初から味のあるコンサートでした。

1曲目、iioさん「ユビュ王の食卓」家主さんが大絶賛のパーカッショニスト・加藤訓子さんによる、《ムナーリ・バイ・ムナーリ》
楽器を鳴らしながら登場→客席の間を移動・ステージへ上がる演出によって、弛んだ正月アトモスフェアが一気に引き締まります。この伝説の作品を生で聴く・視るのはもちろん初めてなんですけど、音そのものというよりは音が出る作用とそれを引き起こすパフォーマーの身体の動きに始終意識を奪われっぱなし。舞台に並んだ十数種の打楽器の中から、次はこれ、その次はあれ、というように(まるで何者かの意思に従うようにして)響きと時間を紡いでいく様子は…実に巫女ライクなのですね。。
残念なことに咳やくしゃみ、あるいは耐え切れずホールから退場する足音を発する物体が会場中に満遍なく配置してあって、、ああなんたるミュジク・コンクレート!だったけど…。

木ノ脇氏による2曲目の《ヴォイス(声)》も、やはり音よりも音が生まれる過程と仕組み、アーティストの息遣いを知覚させる面白さがある。生で聴くと本当に楽しい作品。木ノ脇氏のかっこよさに惚れます。

大介さんによる《フォリオス》になると―彼自身がプログラムで書いているように―、演奏者の身体よりも曲そのものがずいぶん表立ってくるようです。もちろんそこにあるのは複雑なリズムだったり、括弧つきの苦い「メロディ」だったりするのだけど、《フォリオⅢ》の最後に突如として引用されるマタイの優しいコラールは、それゆえにベルクのVn協奏曲での引用とは比べ物にならないくらい鮮やかな印象を与えるようでした。震えるような美しさ。。もうちょっと大介さんの近くで聴いてみたかった。

そうして3人による《サクリファイス》のセッションで休憩。
ロビーに行くと《ムナーリ...》の「楽譜」である『読めない絵本』が展示してあるので見てみます。ブルーノ・ムナーリによる音の減衰や閃きに通じるような造形と、そこに几帳面な筆跡で書き込まれた武満の演奏指示に納得。

+ + +

後半はまず照明が暗転、P席に合唱団の皆さんが陣取って、武満が作詞と作曲の両方を手がけた《小さな空》を聴かせてくれます。団員は男女の区別がなくバラバラに配置されてたのだけど、男声と女声が見た目以上にしなやかに混じり合ってほんのりとした美しさが漂っていました。ブラヴォ。武満の商用音楽ってどれもなんとなく寂しくて、不思議な気分になる。

続いてステージに出てきた加藤訓子さんのアナウンス。それに応えて客席から軽やかに駆け上がる詩人の姿が見えます。作曲家の40年来の友人だった谷川俊太郎氏が語る素顔の武満…きっと有名な話ばかりなんだろうけど、実際に生の声を聞くと興奮しますね。

「武満はキャバレーに行って職業を中てさせることがあり、カーレーサーと言われたこともあった」「二人で歩いていると武満はよく私の肩に頭を持たせかけてきたが、ゲイということではない」など楽しいエピソードを聞かせてくれましたが、「宇宙はそもそも音に満ちていて、自分はその<音の川>からテクスチュアを汲み取って翻訳しているだけなのだ、と武満はよく言っていた」という話にはちょっと感銘を受けた次第。

そしてこの後、武満の音楽からエッセンスを汲み取り、それを自分たちの言葉に翻訳する5人のミュージシャンが登場するのだけど、、長くなったので続きはまた明日。
by Sonnenfleck | 2007-01-08 15:15 | 演奏会聴き語り
<< 「武満徹を聴く、武満徹をうたう... 見よ、ひときわ輝くエアーの星を >>